MENU TEL

関節の痛みは何が原因?関節痛でお悩みの方必見!!

2017.12.18 | Category: 未分類

みなさんおはようございます。
ナチュラル整骨院永福町院です。

毎日言っていますが今日も寒いですね!!
今日は最高気温ですら9℃ほどしかないそうなので夜の寒さが怖いです。
身体を冷やしてしまうと身体に様々な影響を与えます。この時期は身体が冷えやすいのでマフラーや手袋、耳あて、ホッカイロで末端が冷えないようにしましょう。

さて本題に入ります。今日は『関節痛』についてです。
関節の痛みでお悩みの方は多くいます。特に膝や肘などが痛みが出やすい場所としてあげられますが、なぜ関節に痛みが出るのでしょう?
関節に痛みが出る理由はたくさんあります。良く聞くのが軟骨がすり減ってしまって痛みが出るです。整形外科などに行けば良くお医者様から言われると思います。
たしかに軟骨がすり減っていれば骨同士がこすれて痛みが出ます。しかしこれはものすごい激痛です。
痛みを伝えるものは神経ですが、そもそも軟骨に神経は分布されていません。
そのため軟骨が多少すり減っただけでは痛みは出てきません。軟骨が全くなくなってしまい骨同士または骨と軟骨がぶつかっていれば痛みが出ます。これは骨には神経が分布されているからです。
では何が原因で痛みが出ているのでしょうか?軟骨が原因でなければ他の別のものです。
関節を構成するものは骨や軟骨の他に滑膜や滑液包、筋肉、靭帯などがあります。
これらが痛みを出している原因のほとんどです。
例えば長時間の立ちっぱなしで膝に体重が掛かっていればこれら関節を構成するものに負担が掛かってきます。
負担によって傷がつくと炎症反応という身体を治す反応が起きてきますが、この炎症反応は痛みを伴います。
治る反応が起きてくれて痛みが出てくるのならいいですよね?
だけどずっと痛いという方もいますよね?このような方は治る反応の炎症が止まってしまっているのに痛みが出てしまっているのです。
この痛みは筋肉に筋硬結というしこりのようなものができてしまっていてそれが神経などを圧迫して痛みが出てしまっているのです。
痛みを取るためにはこの筋硬結を根本から無くさなくてはいけません。

当院が行っているインナーマッスルセラピーという治療法はこの筋硬結を除去できる治療法です。
根本治療ができる都内で1%、全国で3%の治療法です。
関節痛だけではなく腰痛や肩こり、頭痛にも効く万能な治療法なのでお身体の症状でお悩みでしたら当院にご相談ください。
当院はご予約優先で拝見させて頂いておりますのでお電話でのご予約をお待ちしております。

IMG_0070

腹筋強化で腰痛予防?!腰痛の原因を徹底解剖!

2017.12.16 | Category: 未分類

みなさんおはようございます!!!
ナチュラル整骨院永福町院です。
朝晩の冷え込みが辛い時期になってきましたね・・・。
なんといってももう12月16日!!今月も折り返し、という事は!今年ももう半月で終わってしまうという事ですね!( ;∀;)
皆様は今年でやり残したことはございませんか??私は、未だに部屋の大掃除が出来ていないことがどうやら今年のやり残したこととして、残ってしまいそうです。笑

さて、ブログ内では幾度となく腰痛や肩こりの原因についてお伝えしてきましたが、再度『腹筋の弱体化』による腰痛の機序について説明していきます。
端的に言うと、腹筋が弱っている日本人が急増しています。
諸説ありますが、日本人の6割以上が腰痛があり、それ以上に腹筋が弱くなっている方増えてきているようです。
腰痛になると整形外科や整骨院でも『○○さんは腹筋をしてくださいね!』と言われる、もしくは言われてきたと思います。
当院としても意見は一緒ですが、なぜ腹筋を鍛えなければいけないんでしょうか??
そもそも腰痛なのに腹筋をして腰は痛くならないのか?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。
腹筋が弱くなると、脊椎(背骨)が前弯といって反り腰になってしまいます。そうすると否が応でも、腰の周りの筋肉は縮んでしまい、筋肉に血行不良が起き、傷つき、腰痛になってしまう、というのが端的な腰痛の発生原因です。(全部ではないですが)
であれば皆さんがご存知の仰向けで膝を折った状態での腹筋運動が正しいかといいますと、それも間違いです。一般的な腹筋運動は、腰部に負荷を掛けさらなる痛みを生んでしま可能性があります!!
専門家、ないし、ジムなどのインストラクターに指示をもらった上で正しく実行してくださいね!
おススメの腹筋運動は『Ⅴ字腹筋(バランス)』と『ツイストクランチ』です。両者無理なく腹筋を鍛えられるのと同時に、ネットを探していただくとすぐにでてきます(笑)
それら腹筋運動を正しい指示指導の下、しっかり習慣化できるまで毎日実行していくことが一番の腰痛対策、腰痛予防になっていくと思います。
また、そんなこと面倒だし自分の力ではできるじしんがないわぁ、という方は当ブログのEMSのページを参照ください(笑)
当院で提供出来る最も簡単な腹筋の鍛え方が記載してあります。
ただ、基本的に腰痛改善に近道なし。努力なき成果はありません!習慣化していくことで解消していきましょう!!

急に増えています!!ぎっくり腰に注意!!

2017.12.15 | Category: 未分類

みなさんこんにちは!!
ナチュラル整骨院永福町院です。

今日は雪が降りそうな天気だなーっと思っていたら先ほど少しだけ降っていました!!
もうそんな時期になってしまったことに驚きです。
今年も残すとこあと16日となりました。思い残すことはないですか?
忘年会シーズンの為、なかなかみなさん疲れが溜まっていると思いますが寒さに負けず、お酒に負けず頑張って今年を乗り切りましょう。

さて今日はぎっくり腰について書いていきます。
寒くなってからぎっくり腰を起こす方が増えています。当院にもぎっくり腰を起こした患者様から連絡がたくさん来ています。
みなさんはぎっくり腰の原因はご存知ですか?どうして起きるかわかりますか?
ぎっくり腰の原因は筋肉です。筋肉がなにかしらのきっかけで傷ついてしまい痛みが出ます。
ぎっくり腰になったことがある人たちは口をそろえてこう言います。もう二度となりたくない・・・
そうなんです!!ぎっくり腰はもう二度となりたくないと思うほど痛いんです。
重症なものになると起き上がることもできない、寝返りもうてなくなります。
ぎっくり腰は『魔女の一撃』とも言われているぐらいなので相当な痛みが襲ってきます。
ぎっくり腰になってしまう原因として重いものを持った時になると思っている方が多いですが、実はそれよりも靴下を履こうとしたり、遠くのものを取ろうとしたり、朝顔を洗おうとしたりなどのふっとした動作の方がぎっくり腰を起こしてしまいます。
何故かというと重いものを持つときはこれから物を持つぞ!と意識をしているため筋肉に脳からの指令が上手くいきます。しかしふっとした動作の時は意識をしていないため脳からの指令が筋肉に上手くいかず変に動いてしまったり、動かなくなったりするそうです。
つまりぎっくり腰を起こさないためには動作をすべて意識して行うことが大切です。
ただしそれだけではだめです。なぜならばぎっくり腰の傷は慢性的に弱ってしまった筋肉につきやすいからです。
この慢性的な弱い部分をしっかり治療をしないと気を付けていてもぎっくり腰は起きます。
ぎっくり腰は急性腰痛といいますが、ほんとは慢性的な筋肉の悪さが原因で起きているので慢性急性タイプと言っても良いと思います。
慢性的な腰痛を根本から良くすることでぎっくり腰の起きない身体にすることが出来ます。
ぎっくり腰には治療、ストレッチなど必要なことはたくさんあります。すべてお任せください。
慢性的な腰痛やぎっくり腰でお悩みの方は当院にご相談ください。

むち打ちになってしまったら筋肉の治療をしましょう!

2017.12.13 | Category: 未分類

みなさんおはようございます。
ナチュラル整骨院永福町です。

朝の寒さが厳しくなってきましたね。
手袋、マフラ―、耳当てなど防寒具が無いと外に出るのが億劫になってしまいましたね。
マフラーを巻くと体感温度が2度も変わるらしいのでみなさんもマフラーはしっかり巻いてくださいね。
後は気をつけたいのは乾燥です。乾燥するとのどの潤いがなくなり風邪になりやすくなります。
是非乾燥しないようにマスクなどをして水を多く取ってください。

今回はむち打ちについて書いて行こうと思います。
みなさんむち打ちと聞くと何を思い浮べますか?
ほとんどの方が交通事故を思い浮べるのではないでしょうか?
つい最近も高速道路でのあおり運転やご高齢の方の交通事故などがたくさんニュースで流れていましたね。
私の友人もつい先日自転車に乗っている時に車と衝突したそうです。
幸いケガだけで済みましたが交通事故は非常に危ないですね。
気をつけていても起こしてしまったり、巻き込まれてしまったりしますからね・・・
ながら運転や前方不注意、歩行者もスマートフォンをいじりながらやイヤホンを聴きながらの自分の世界に入った状態は非常に危険ですからやめてくださいね!!!

さてむち打ちですが交通事故で最も起こりやすいと言っても過言じゃありません。
むち打ちは首が大きな外力で前後に大きく揺らされることで起きます。
後ろから突っ込まれたりすると前後に大きく揺らされます。
むち打ちは骨折、脱臼を除く首の筋肉、靭帯、神経、血管などの損傷がされます。
むち打ちと言っても一つの症状だけでなく大きく分けて5つのタイプに分かれます。
1)頸椎捻挫型
2)根症状型
3)頸部交感神経症候群(バレ・リーウー症状)型
4)混合型
5)脊髄症状型
このなかで最も多いのは、1)の頸椎症状型です。むち打ちの80%はコレが占めます。ではこれはどういうものか?
頸椎捻挫型とは胸鎖乳突筋、前斜角筋、僧帽筋、菱形筋、棘上筋、棘下筋、大胸筋などの首、肩、胸周りの筋肉の損傷や椎間関節という脊柱の関節の捻挫によるもので、症状は痛みがあり、「寝違え」の症状に似ています。
頭が重かったり、頭痛や腕の疲労感なども症状の1つです。
症状自体は3週間ほどで軽減しますが、数カ月残る場合もあります。
しかしこれはしっかりと治療をした場合で治療を受けずにいると下手したら一生残ってしまい後遺症になってしまうこともあります。
その為むち打ちになってしまったら筋肉の治療をお勧めします。

むち打ちでお悩みでしたら当院にご相談ください。

IMG_0070

一年中冷え性やむくみにお悩みの方必見!!

2017.12.13 | Category: 未分類

みなさんおはようございます。
ナチュラル整骨院永福町院です。

今日はいい天気ですが空気が冷たくて寒さが厳しいですね。
私も今日は寒くてなかなか布団から出ることが出来ませんでした。
そういえばみなさん羽毛布団の正しい使い方をご存知ですか?
この時期は寒い為パジャマもあったかいものを着ると思いますが実はこれだと羽毛布団の性能をフル活用できないみたいです。
羽毛というのは人の体温を吸収して膨らむことで温かさを作るみたいです。
そのため半袖などの肌が直接出ているものなどで羽毛布団の中に入ることが羽毛布団の性能をフルに活用できるみたいです。
さらに羽毛布団の上にシーツなどをかぶせればさらに熱がたまって暖かくなるみたいです。
だまされたと思って一度やってみて下さい。

さて本題に入ります。今日は『冷え性とむくみ』についてです。
特に女性の方は冷えとむくみを気にすると思いますが、この二つが起きてくる原因ってご存知ですか?
この二つは病気などの症状として起きることもありますが、ほとんどの原因は筋肉が悪くなっていることです。
よく腰痛や肩こりなどで筋肉がガチガチになっていると思いますが、筋肉が硬くなりギュッと縮まってしまうと筋肉内の血管を圧迫してしまい血液の循環が悪くなります。血液は熱を運ぶので循環が悪くなると冷えてしまいます。また血管の圧迫により血管内の水分が行き場を失い外に漏れだしたものをむくみと言います。

冷えとむくみを解消するためには筋肉の治療が必要です。
筋肉が硬くなってしまう理由をご存知ですか?
硬くなる原因は防御反応です。動かすと痛みが出てしまうため無意識のうちに筋肉を固めて動かさないようにしてしまいます。
冷え性とむくみがあるけど身体に痛いところはないよという人もいると思いますが、それは筋肉が固まっていて動かせていないため痛みが出ていないだけです。
そのため治療をしていく過程で動きが良くなると痛みが出てくることがありますがそれは筋肉が良くなっている証拠です。
もし冷え性やむくみでお悩みでしたら当院にご相談ください。

当院が行っている治療はインナーマッスルセラピーという筋肉の根本治療を行える治療法です。
都内で1%、全国でも3%の技術です。少ないと思う方もいるかもしれませんが現在の整骨院の数は60000件以上と言われています。その3%ですから一つの治療法でこれだけの数の整骨院が行っている治療なのでしっかりと効果の得られる治療法です。

IMG_0070

トレーニングの重要性。日々のケアを継続的に続けるために。

2017.12.11 | Category: 未分類

みなさんこんにちは。
ナチュラル整骨院永福町院です。

本日は二回目のブログ更新です。
内容も似てる内容ですがお付き合いください。

トレーニングについてです。
トレーニングというと範囲が広いですが筋トレやランニングなどのことを書いていきます。
言わずもがなトレーニングをすることは大切です。なぜならばトレーニングをすることで健康になれるからです。
筋トレやランニングなどで身体を動かすことで汗をかき、汗とともにストレスや疲労などが流れてくれるのですっきりします。
汗をかくことというのは非常に大事で身体内の水分調節や自律神経の調節にも関わってきます。
ただ私はそれよりも重要なことは今身体がどうこうというより将来寝たきりになってしまうリスク回避のためにトレーニングを今からやることが大切だと思います。
2007年に日本整形外科学会が提唱した「ロコモティブシンドローム」というのをご存知ですか?
「ロコモティブシンドローム」とは運動器の衰えにより将来要介護になってしまうことを意味します。
運動器とは骨や関節、筋肉などの身体を動かすのに関わってくるものです。
たとえば起き上がるための筋肉が衰えてしまってベットに寝たきりになってしまったり、骨が脆くなり骨折をしてしまい歩けなくなってしまったりします。
これは運動器が衰えてしまうことで起きるものの例ですが、現在の日本では非常に問題になっていることなのです。
高齢者社会になりさらに医学の進歩で寿命は以前と比べて伸びています。しかし、「健康寿命」というのはさほど変わっていません。
これは生きているけど健康ではないということです。自分の力では動けず、誰かに助けてもらわないと動けなくなってしまうのです。

こうならないためにトレーニングをすることが大切なのです。
最近はテレビでも筋トレやエクササイズ、ヨガなど毎日のように放送しています。
これだけ放送されているのは単純に健康ブームだからというのもありますが、近い将来、今よりももっと高齢者社会になることによる「ロコモティブシンドローム」の増加を防ぐためにはみなさんにトレーニングの重要性を今一度認識して欲しいからだと私は思っています。
トレーニングは何でもいいと思います。筋トレでもランニングでもヨガでも、とにかく続けられるものをやることが大切です。
何事もそうですが継続が大切です。一回や二回で効果の得られるものなどありません。
日々のトレーニングを継続的かつ楽しんでやることが健康への近道です。
いきなり無理をすると長続きはしません。まずは始めることが大切です。慣れてきたら負荷を強くすればいいだけです。
ぜひまずはトレーニングを始めてみてください。

unnamed

身体を鍛えましょう!! 寝ながらできる楽々筋トレ EMS~indepth~

2017.12.11 | Category: 未分類

みなさんおはようございます。
ナチュラル整骨院永福町院です。

今日も朝の寒さが厳しいですがみなさんはすっきり布団から出ることはできましたか?
私は起きてからついつい布団の中でグダグダしてしまい遅れるかと思いました。
寒さの影響からか寝ているときに脚をつる人が増えています。必要以上に身体に力が入っているのかもしれませんね。
みなさんはつったときの対処法を知っていますか?対処は簡単です。つってしまった場所の筋肉をゆっくり伸ばしてください。
つりにくくするためには血液の循環を良くする必要があるので身体を温めてください。

さて本題です。今日は当院の9月からの新メニューEMS~indepth~について話していきます。
では最初にみなさんに聞きますが腹筋を鍛えるのは好きですか?
おそらく三度の飯より好きだという方はいないと思います。
私も腹筋をするのは嫌いです。なぜならば「めんどくさい」「疲れる」からです。
当院にご来院されている患者様に聞いてもやはりみなさん同意見でした。
最近はテレビでもトレーニングやフィットネスの番組がやっていますが、なぜこんなに筋肉を鍛えろと言われているかみなさんはご存知ですか?
筋肉は様々な働きがあります。身体を動かすのはもちろん、基礎代謝や熱産生、衝撃吸収などの働きをしています。
さらに腹筋が弱くなると腰痛や猫背なども起きてきます。脚の筋肉が弱くなれば歩行が難しくなります。
みなさんも筋肉を鍛えなきゃな・・・と思っているはずです。
でもできないのはやはり「めんどくさい」「疲れる」からですよね?
では「めんどくさくない」「疲れない」筋トレができたらみなさんはやりたいですか?
そんな夢のような話があるわけないと思いますよね?でもあったんです!!
それがEMS ~indepth~です。これは簡単に言うと電気刺激を筋肉に与えることで筋トレと同じ効果を与えることができます。
これのすごいところは深層筋も鍛えられるところです。
電気刺激を与える筋トレ器具は世の中にたくさんありますが、そのほとんどが表面の浅層筋しか鍛えられません。
しかしEMS~indepth~は深部の深層筋を鍛えられます。しかも寝ているだけでです!!!
週二回の計24回で深層筋を効率よく楽に鍛えることができます。もう一度言います。楽にできます!!!
深層筋を鍛えると腰痛予防になり、姿勢改善になり、そして痩せます。
筋肉を鍛えるのはいいことばかりです。来年こそ身体を鍛えたいと考えている方は当院にご相談ください。
unnamed

頭痛の治し方

2017.12.09 | Category: 未分類

こんにちわ!!
ナチュラル整骨院永福町院です!!
いつもお世話になっております!!
オンアンドオングループは杉並、世田谷を中心に永福、荻窪、阿佐ヶ谷、東高円寺、用賀、九品仏、三鷹と「たんぽぽ整骨院」「ナチュラル整骨院」で治療院事業を展開しております。
研修を積んだ腕の良いスタッフが揃っていますので是非お近くの院でお試しください!

さて、本日は頭痛の治療法についてお話ししていきます。
頭痛をとめるためにはどのような処置が処置が必要か?
どのような処置が正しいのか?
実際には分からない方が多く、病院にいって痛み止めをもらって、一時は止まるが頭痛の頻度はどんどん増す一方。
なんて悩まれている方もいるのではないでしょうか?
頭痛の原因は様々ありますので、まず病院を受診することを勧めますが、
「何回行っても治らない」と悩まれている方にはインナーマッスルセラピー(深層筋治療)を勧めます。
頭痛の症状は頭の支配神経が頸部の2番というところにあるため、頸部2番にコリ(筋硬結)が存在すると
感覚神経を通じて頭痛の症状を引き起こします。
筋硬結とは日常生活で起きた傷が治りきっていなく、治すための炎症が途中で停まってしまっている状態のことを言います。
この筋硬結は存在するだけで、局所の痛みだけでなく、神経を通じる場所が痛みも引き起こし、浮腫みや筋緊張なども引き起こす不快な症状の根源になります。
筋肉にとっての虫歯のようなものです。
虫歯と同様放っておいて治るものではありません。
しかし、虫歯は改善することは難しく、虫歯の部分を削って詰め物をするように応急処置のような処置になりますが、
筋肉は改善し回復することが出来ます。
それには定期的な治療を続け、栄養である血液を送り続けることで、筋肉は修復しようとする働きが正常に働きはじめ、症状を出しにくい状態が実現できます。
筋肉は日常生活の中で日々微細な損傷を起こしています。
微細な損傷は炎症をおこし、修復するのが本来ですが、痛みが出ないように周りの筋肉が緊張を起こし、筋肉の血管(動脈や静脈)を圧迫してしまい、修復するための炎症を止めてしまいます。私たちの治療は筋硬結に対してあえて炎症を起こし、治癒を促進させていくことができます。
しかし、それをやるには一朝一夕というわけにはいきません。そんなに簡単に良くなるものではありません。
浅層レベルの症状を取った後に、定期的に治療を重ねていってこそ、慢性症状は取れていきます。
10年前ですと、率直に言うと、10年以上かかります。
と言わせていただきたいのですが、実際そんなにかからないと思います。
10年とはかからないとしても3分の1ぐらいの時間を見て頂きたいです。10年かけて悪くなられたものは3年ぐらいはしっかり通って頂く必要があります。
症状によって時間は掛かりますが、根本的に治していくという実績を当院は積んでいます。
興味がありましたら是非お試し下さい。

バイク事故に遭われてしまったら

2017.12.08 | Category: 未分類

みなさんこんにちは!!
ナチュラル整骨院永福町院です。

今日は寒いですね~!いつも寒いですが今日は特に寒いです
午後から雨が降るということなのでますます冷え込んでしまうのでしょうかね?
また今日の夜は雪が降るかもしれない!!!!との事なので今から出かけられる方は防寒・防風の服装で備えてください。
出かけない方も部屋の中を暖かくするor暖かい服装で風邪などに気を付けてください。

さて今日はバイク事故について書いていきます。
今まで交通事故というくくりでブログは書いてきましたがバイク事故という限定で書くのは私は初めてです。
今までも書きましたが最近は交通事故のニュースが多いですね。
高速道路での煽り運転やご高齢の方の交通事故などもありますよね。
自分は気を付けているから大丈夫とみなさんは言いますが巻き込まれてしまうこともあるので常に気を張っていなくてはいけませんね。
つい先日も私の友人がバイクに乗っていて横から出てきた車に当てられ事故を起こしました。
幸い軽い怪我で済みましたが一歩間違えれば大事故につながるケースもあります。
特にバイクは車と違って身体がむき出しになっているので怪我も起きやすく、命を失うことも多くなります。
乗るなという訳ではありませんが、乗る方は是非気を付けてください。

万が一事故に遭ってしまった場合はすぐにかかりつけの病院か整骨院に診てもらってください。たとえ症状が出ていなくてもです。
すぐに症状が出なくても時間が経ってから症状が出てきたりすることもあると言われています。手遅れになる前にすぐにご相談ください。
また交通事故で気を付けたいのは後遺症です。後遺症はほとんどが怪我などを治療せずにそのままにしておくことで起きます。
後遺症も治らなくなってしまう前に早めに治療することをおすすめします。

交通事故で起きる怪我は何があるか?骨折や脱臼、捻挫などがあります。
どれも痛いですね。これらすべて早く治療をしないと骨が曲がってくっついてしまったり、歩行障害が起きてしまう事もあります。
正しい治療を早急に受けて後遺症が残らないようにしてください。

当院は筋肉の治療を行っていますが、筋肉は骨折や脱臼、捻挫などでも傷ついていることがあるため筋肉の治療もおススメします。
特にむち打ちは80%が筋肉が原因で痛みが出ていると言われています。つまり筋肉の治療で症状が改善するという事です。

交通事故による怪我や後遺症でお悩みでしたら当院にご相談ください。

IMG_0070

冷えやむくみを改善しましょう

2017.12.06 | Category: 未分類

みなさんこんにちは。
ナチュラル整骨院永福町院です。

冬らしい澄みきったいい天気になってきましたね。
朝晩の寒さは厳しくなってきましたが日中はお日様が気持ち良くて過ごしやすいですね。
寒くなってきて気になるのは冷えやむくみです。
そこで今日は冷えとむくみについて書いていきます。

まず冷えについて書いていきます。
冷えが起きるとどうなるか?身体が冷えてしまうと様々な事が起きてきます。
身体が冷えてしまうと免疫力が低下します。
この時期はインフルエンザや風邪などが流行ってきますが、外からウイルスや細菌が入ってきた時にそれらと戦うのが免疫です。
白血球やマクロファージなどの細胞は身体が冷えてしまうと機能が低下してしまい、十分にウイルスや細菌と戦えなくなってしまいます。つまり免疫が弱くなります。
免疫が弱くなるとインフルエンザや風邪にかかりやすくなってしまい、また治るのが遅くなります。
また身体が冷えることにより細胞の働きが弱くなるので身体の調子が悪くなる成ってしまいます。

次にむくみですが、むくみが強く出ると身体が重くなってしまい、関節の可動域が狭くなり身体を動かすのがだるくなったりします。
むくみは水分が血管の外に漏れだしてしまった状態です。むくみを放置しているとセルライトがたまりやすくなってしわなどができやすくなります。

冷えやむくみが出来ると身体が重だるくなり身体を動かすのが嫌になってしまいます。
では冷えやむくみの原因は何でしょうか?
この二つの症状が出ていると様々な病気のサインとしてとらえられることもありますが、ほとんどの原因が筋肉にあります。
筋肉が悪くなりギュッと固まってしまうと筋肉内の血管が圧迫され血管が細くなります。
行き場の失った血管内の水分が外に漏れだすとむくみが出てきます。
血管が細くなると血液循環が悪くなり、冷えが起きます。血液の働きとしてモノの運搬がありますが、体内で作られた熱を全身に運んでくれるので、循環が悪くなると熱が全身に運ばれにくくなり身体が冷えてしまいます。

冷えやむくみを解消するためには筋肉の治療が必要になります。腰が悪い方は脚に冷えやむくみが起きやすく、首や肩が悪い方は腕に冷えやむくみが起きます。
筋肉の根本治療をすることで冷えやむくみは解消されますので、この症状でお悩みでしたら当院にご相談ください。
他にも首や肩、腰が悪い方は冷えやむくみが起きやすいので当院のインナーマッスルセラピーでお身体の根本治療を目指しましょう!!!

IMG_0070

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0063 東京都杉並区和泉3ー5ー7西野ビル1F
駐車場コインパーキング有り
電話番号03-5355-3549
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜午後