MENU TEL

不眠改善

永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院で不眠を解消して元気な毎日を

夜眠ろうと思って布団に入っても、なかなか寝付くことができなかったり、やっと寝ついたと思っても頻繁に目が覚めてしまったり、そのため朝起きても疲れが抜けずに一日中だるくなってしまう、頭がスッキリしない、不眠にはこういった症状が御座います。寝る前にお酒を飲んだり、睡眠薬を利用して何とか眠れたとしても健康的な生活とはいえません。永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院では、手技療法による不眠治療をおこなっております。

精神的なリラックス効果が得られる施術

不眠にはさまざまな原因が御座いますが、多くが精神的なストレスによるものです。仕事のことや勉強のこと、家庭のことなどいろいろなストレスが重なり不眠に落ちてしまうことが多いのです。そして、そのストレスが自律神経を乱してしまい、安眠ができないのです。永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院の施術は、専門家による手技療法です。人間の手だからこそ得られるリラックス効果で、心身に溜まったストレスを取り除いていくことができます。また、骨格の矯正をおこなうことで自律神経の働きを正常化させるということも効果的です。

元気な毎日を過ごすために

長時間眠っているからと言って質の高い睡眠が取れているかというと実はそうではありません。大切なのは睡眠の質であり、隠れ不眠になっている方もいらっしゃいます。何だか毎日元気が出ない、身体が疲れやすい、という方も是非永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院の治療をお試ししてみてください。

頭痛からくる不眠も…

夜いざ眠るとき、頭痛がするとなかなか寝つき辛いものです。そして、眠れないと筋肉が休むことができないので余計に神経を圧迫してしまい、頭痛が強くなってしまいます。そういった悪循環を止めるためにもまずは頭痛から改善させていきましょう!!

睡眠不足

睡眠不足でお悩みの方・・・自律神経の問題かもしれません。自律神経の乱れは神経に影響を出している筋肉にもあります。当院でインナーマッスルセラピーで治療をしませんか??

不眠症?

不眠の原因の一つに自律神経があります。自律神経はストレスをためやすく乱れてくると寝ようと思っても寝られないことがあります。その影響を出している一つが背中付近の筋肉です。背中付近を緩めていくだけでもリラックスして寝られるようになります。

不眠症

不眠の原因の一つに自律神経があります。自律神経とは交感神経と副交感神経がありますが、交感神経が働いていると興奮して寝れなくなってしまいます。寝る前にスマートフォンやテレビを見ていると不眠症になる可能性もあります。

自律神経の影響

ストレスが溜まったりが出てくると疲れているのに寝られない。そんなことありませんか?その時大きな影響を出しているのが自律神経です。自律神経が乱れてくると不眠の原因になります。そんな時!!当院のインナーマッスルセラピーが有効です。お悩みの方は是非ご相談ください。

不眠

自律神経の交感神経が興奮していると寝れなくなります。寝る前はなるべくリラックスしてください。

不眠

自律神経の乱れにより寝れないことがあります。深層筋治療は不眠にも効果がございます。

Q.不眠の原因がわかるの?

A.不眠症・不眠でいらしていた方には、私たちの臨床経験と専門知識によって、お身体を検査させていただきご説明いたします。その際、問診の時間は、他の整骨院に比較し3倍ほどお時間を頂戴しております。同意と納得のもと施術に入らせていただきますのでご不明な点はご相談ください。また、お時間がない方でも事前にお申し付け頂ければ、調整させていただきます。

 

眠れない夜はありません!インナーマッスルセラピーを受けませんか?

インナーマッスルセラピーを受けると自律神経症状にアプローチがかかり症状改善も図ることが可能です。女性スタッフも在勤しておりますので、小児の夜泣き改善のご相談も可能です。筋肉にアプローチをかけて健康な体質になりましょう。

眠りの浅い夜が続いたら・・・!

インナマッスルセラピーを受けましょう!原因は筋肉かもしれない!なんて考えたことありませんか?なかなか眠れない症状もぐっすり!ナチュラル整骨院へ

 

寝られないなぜ?!

寝られないという症状はお身体にとっても心にとっても良くない状態です。それは自律神経というところが関係してきている可能性があります。そのままの状態で放っておかず治療を進めて行くことが重要です。お悩みの方は当院までご相談ください。

 

寝つきが悪いアナタ、起きてしまったら寝られないあなたへ・・・

インナーマッスルセラピーをご存知ですか?筋肉にアプローチをかけることによりお身体の症状を根本から改善に導き、神経症状を安定させます。眠りが浅いかた、長年の症状でお困りの方、ご相談ください。

眠れない

眠れないのは自律神経からの影響が大きいです。そのままにせず早めに当院へお越しください。

最近増えてきています

最近眠れないという症状でご来院頂く方が増えています。その症状は自律神経からの影響で眠れない方が多いです。その症状はインナーマッスルセラピーで改善していくことが可能です。お悩みの方はお早めに当院で治療を行いましょう!!

体調不良

体調不良により寝られないという方は自律神経が乱れてしまっている可能性があります。インナーマッスルセラピーで免疫アップ!!させませんか??

天気

お天気の影響で急に寒くなっていたり、雨が降っていたりと不安定な日が続いています。突然寒くなるとなんだか寝られないなんてことありませんか?台風の影響から気圧も変化しています。その影響から寝られず疲れが取れないなんて方が多くなっています。そんなお悩みの方へ当院のインナーマッスルセラピーはおすすめです。

不眠は筋肉が原因?

近年の統計調査によると日本人の平均睡眠時間は世界と比べても世界平均が7時間のところ、日本人は5~6時間と大きく下回っています。
日本人の勤勉さから残業などが多く、睡眠時間が少なくなっている方も多いです。他の例としてもスマホが普及している中で夜遅くまでスマホをみていることも睡眠に影響しているようです。
簡単に言うと外的ストレスを受けることで筋肉に影響を受けるようです。
人間には交感神経と副交感神経というものがあります。交感神経はいわば興奮作用があり、寝起きや運動しているとき、仕事をしているときなどが交感神経が優位になっているときです。副交感神経はリラックス作用があり、眠るときやお風呂に入っているときなどに優位になります。普段の生活はこの2つの神経をいかに切り替えられるかがカギになっていきます。この切り替えが苦手な方は、例えば寝るときは交感神経→副交感神経を優位にさせますが、この切り替えがスムーズにいかないとなかなか寝付けません。寝起きは副交感神経→交感神経になりますが、こちらもスムーズにいかないと寝起きが悪くなるわけです。これをスムーズにいかせない阻害要因としては筋肉の緊張です。ストレスは筋肉の緊張に繋がり、自律神経の切り替えも不調にさせるのです。

不眠は自律神経の乱れ

不眠の原因となるのは自律神経の乱れが原因となっています。
では自律神経とはどういうメカニズムで悪くなるのか知っていますか?
自律神経を大きく分けると「交感神経」と「副交感神経」があります。
「交感神経」とは活動時、緊張しているとき、ストレスを感じているときにときにはたらきます。
「副交感神経」とは休息しているとき、リラックスしているとき、寝ているときにはたらく自律神経です。
この二つの自律神経が場面によってシーソーのように切り替わることで体調の維持が出来ているのです。
この2つの神経が不眠症にどう関わりがあるのか?
人は寝るタイミングになると交感神経から副交感神経が優位に切り替わりますが、その切り替わりが上手くいかないと睡眠の質が落ちて不眠に繋がります。
要因は何かというと外的ストレスです。
例えば寝る際にスマホをいじっていると目から入るブルーライトのストレスを受け、活動的になる交感神経が優位になり、寝る際も興奮状態になっているわけです。
興奮状態では無理やり寝ることが出来ても深い眠りにはありつけません。
これでは脳が休まりませんから、次の日には疲労感が抜けず、頭もさえないという状態になるのです。
スマホやパソコン以外でも原因はあり、心的ストレスなども原因のひとつです。
これらストレスをためやすい方の共通は背中の筋肉が固くなっているという事です。
自律神経は背中に集中して存在しており、ストレスをためやすい人はそこがかたくなっています。
逆にかんがえると筋肉の治療することで自律神経を整えることは可能です。
気になられている方は是非ご連絡ください!!

寝られない、眠気が浅い方へ

最近では「睡眠負債」という言葉が広く知られてきました。日々の睡眠が足りないことにより、心身にマイナスの要因が積み重なり、日中のパフォーマンスにも影響が出てきてしまいます。
眠いのに眠れない、寝たと思ったらすぐに起きてしまう。眠りにつくまでに時間がかかる。
春の新学期や新入社員時期、新しい部署への異動などは、ストレスが溜まりやすく、不眠がちになられる方が多くいらっしゃいます!
睡眠の時間が増やせない方は、睡眠の質を改善することが重要です!!
なぜ不眠がちになってしまうのか、それは交感神経が過敏となっているためです。
人は交感神経と副交感神経が交互に作用することにより、お身体のバランスを保っています。
眠りに入る際は副交感神経が優位になるため、リラックスでき、深い眠りにつきます。
自律神経は呼吸、体温、心臓や胃腸の働きなど、生命を維持するために欠かせないもので、また頭痛、ストレス、疲労感、肩こり、冷え性などにも影響を及ぼします。日々のストレスの積み重ねにより、交感神経が優位になりやすい方は、筋肉も凝り固まっていらっしゃることが多く見受けられます。
凝り固まっている筋肉を緩めることにより、副交感神経を優位に働かせることが出来ます。
睡眠と筋肉は繋がってないのでは?と思われる方は、ぜひ当院にご来院ください。
質の良い睡眠を取ることが出来るよう、お身体を改善していきましょう!

眠りが浅い方は疲労感が出やすい!

天気が悪い日は眠りが浅くなる方や、入眠に時間がかかる方などが多くいらっしゃいます。
天気が悪くなると体調がすぐれなくなるのは、珍しいことではありません。そのほとんどは自律神経の状態に起因するものと考えられています。自律神経の役目のひとつに、外部環境の変化に体を適応させる仕事があり、天気による体調の変化とは、気圧の変化に対応しようとする自律神経がちょうどいい加減をさぐって葛藤している状態ともいえます。
自律神経は、呼吸から「酸素が薄い」、目から「光が少ない(暗い)」、また内耳にかかる圧力の変化で「気圧が低下した」ことを感知します。そしてこれらの条件を「活動に適さない環境」と判断して、二種類の自律神経のうちの「副交感神経」を優位に働かせ、体を「休息とエネルギー蓄積のモード」に切り替え始めます。
低気圧になるとだるい、眠い、疲れるという症状を感じるのはこのためです。「今は活動には適さない。じっとしていなさい」という体からの指令ということです。しかし台風の接近のようにいきなり大きく気圧が低下し始めると、副交感神経の急な調整が行きすぎて、「不調」と感じるほどになってしまうのです。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが大切となっていきます。
身体の状態を整えて、自律神経の乱れも改善させていきましょう!

不眠の症状と原因!

不眠の症状と言えば、寝つきが悪く、30分以上たっていても眠れない、途中目が覚めて、なかなか寝付けない、朝早く目が覚めてしまう、ぐっすり眠った気がしない、だるさがあるなどの症状です。
主な原因はストレス、身体的な原因があげられます。ストレスは人間関係であったり、仕事のことであったり、様々なことでストレスが溜まってしまいます。
ストレスが溜まり、そのことで不安が出てしまいなかなか寝付けないことで不眠の原因に繋がっていくと思います。そしてストレスが原因で憂鬱な気分になり、うつ病のリスクにも関わります。
身体的な原因は外傷や関節リウマチなどと痛みの伴った疾患は痛みが原因で寝つきが悪くなり、ストレスが溜まり、疲れが取れなくなってしまいます。
眠れないことは様々な万病のもとなりかねます
なので最近なかなか寝つけられない、寝ても疲れがとれない、疲れが溜まっている方、当院はインナーマッスルセラピーと言ったマッサージのような治療を行っております。インナーマッスルセラピーは日本で3%の治療法です。
少し気分転換に一度当院で、ご相談してみてはいかがでしょうか?

不眠症と言えば、眠りたいのになかなか寝付けなくて、結局眠れなくて気づいたら朝になってしまう事が多いと思います。
それに眠れてもぐっすり寝た気がしない、疲れが溜まっている、だるさがある言って辛い症状があります。
不眠症の原因はストレスが原因です。ストレスは様々ことで人はストレスを感じてしまいます。例えば仕事の事であったり、人間関係であったりだとかでストレスが溜まってしまいます。。ストレスが原因で寝るときに不安を感じてしまい。結果眠れなくなります。
ストレスはなかなか発散できません。ですがストレスの発散方法は運動です。朝少し早く起きてウォーキングやランニングするとストレス発散に繋がります
いい香りのするアロマなどを炊いて寝ると、リラックス効果があり、寝つきが良くなります。
最近なかなか寝つきが悪い方、最近疲れが溜まっている方、当院ではマッサージのような治療を行っております。一度当院でご相談してみてはいかがでしょうか

夏は夜になっても気温が下がらず、暑くて眠れない!寝ていても起きてしまうなど、不眠に悩まれる方がいらっしゃいます。実際、季節ごとの睡眠時間は夏が一番短くなるという調査結果があります。夏の睡眠をさまたげるものとして、まっさきに思い浮かぶのは気温が高すぎることですが、それ以外に「湿度が高いこと」も眠りの大敵です。なぜ多湿環境が眠りに悪影響をおよぼすのかというと、それは湿度が高いと皮膚からの熱放散が進まなくなるからです。人間の眠気は深部体温が下がるタイミングに合わせてやってきます。深部体温は午後8時くらいから少しずつ下がります。ベッドに入ったあとも深部体温の低下は続いて、やがて自然な眠りがおとずれます。しかし、湿度が高い環境だと、深部体温は下がりにくくなります。なぜなら、湿度が高いと汗が蒸発しにくいため、皮膚からの熱放散がうまく進まなくなるからです。汗がかきづらいため、夏は不眠がちになってしまうのです!まずは寝やすい環境を整える事が大切です。冷房を調節したり、扇風機と併用してみたり、冷えるマットを敷いてみたり、色々試しましょう。また日中お身体を動かすことにより、汗をかきやすいお身体づくりも大切ですよ!

不眠の原因、実はストレスだけにあらず・・・?!

みなさんの不眠の原因は何にあるでしょうか??会社、社会におけるストレスが多いこの時代において不眠症と言うのは現代病と言っても過言ではないかもしれません!!一説によると不眠症に限らず精神的な疾患の方の約7割の方が肩こりもしくは首背中こりがあると言われております。これはどんな因果関係があるのでしょうか。実は人間の首から背中には体温や血流をコントロールする自律神経というものがあります。それら自律神経が過敏になってしまい不眠症になったり、メンタル的に落ち込んでしまったり、制御できない状態になってしまうと言われています。一般的にいう自律神経失調症と言われるものです。そういったものは当然本人の気持ち次第の所もあります。ただ、それだけではなく、そこに起因する筋肉や姿勢を調整することである程度は良くなるとも言われています。つまり筋治療にて改善するケースもある、という事です。不眠症は自律神経の交感神経という興奮作用のある神経が過敏になって眠り状態になれないというのが原因です。背中の筋肉をしっかりと緩めて身体をリラックスさせる事で改善傾向に持って行ったという事例は多々あります。何をやっても駄目だ、という方は良くなるかどうかも含めて当院へご相談ください。

寝つきの悪さはもしかすると筋肉が原因かもしれません!!!!

布団に入ってもなかなか寝れない。寝てもなかなかぐっすり眠れない。寝たくても寝れない。そんな睡眠に関する問題も実は筋肉の悪さが影響しているかもしれません。不眠には様々な原因がありますが、お身体の緊張状態により筋肉がギューッと固まってしまうと不眠をはじめとする様々な症状を引き起こすことがあります。ストレス社会と呼ばれる現代に生きる私たちは、日々色々なストレスを感じて生活しています。そのため、お身体を守ろうとする神経の「交感神経」という自律神経系が優位に働き、その影響で筋肉が固まりその結果寝づらさを生むと言われております。ナチュラル整骨院では筋肉に対して行う深層筋治療(インナーマッスルセラピー)を行っています。この治療では血流が悪くなって固まってしまった筋肉に刺激を与え、身体に害のない炎症反応を引き起こすことで悪くなってしまった部分に血流を集めお身体を治そうとする反応を起こさせます。これにより、お身体をリラックスさせる働きを持つ「副交感神経」という自律神経が優位になり、お身体の緊張状態も解消され、寝付きやすいお身体、ぐっすり眠れるお身体を手に入れることが出来ます。色々な対策を試してみたあなた!今度はぜひ深層筋治療を試してみませんか?そして、お辛い症状の根本治療をおこない健康な毎日を手に入れましょう!!!

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0063 東京都杉並区和泉3ー5ー7西野ビル1F
駐車場コインパーキング有り
電話番号03-5355-3549
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜