MENU TEL

ぎっくり腰

ぎっくり腰の痛みをお薬を使わず永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院で解消

腰へのふとした衝撃によって、筋肉や筋膜を傷付けてしまったり、炎症を起こしてしまって強い痛みが生じるのがぎっくり腰です。仕事中や、スポーツをしている時、日常生活の動作でもぎっくり腰を起こしてしまうことが御座います。かなり強い痛みなることが多いので、無理をせずに永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院へご相談ください。

身動きが取れなくなるほどの激痛

ぎっくり腰の痛みの程度も人それぞれではありますが、身動きが取れなくなってしまうほどの激痛になることも少なくありません。ぎっくり腰は海外では魔女の一撃とも呼ばれているほどです。痛みを和らげようと、損傷や炎症を起こしている患部を揉んだり、お風呂で温めたりするのは逆効果ですのでご注意ください。永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院にて治療を受けていただくことがつらい痛みを取り除くためには非常に効果的です。

身体の内側から痛みを取り除きます

永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院のぎっくり腰治療には痛み止めのお薬や注射を使用いたしません。患部に施術をするのではなく、周辺の筋肉をほぐしたり、骨格のゆがみを矯正することで自然治癒力を高め、身体の内側から痛みを素早く取り除くのです。

ぎっくり腰の原因は?

ぎっくり腰の原因は、疲労が溜まっている筋肉が、負荷を受けて、爆発したんです。普段の日常生活の中で腰に負担がかかった結果筋肉が硬くなってしまいます。硬くなってしまった部分を急に動かしたり、力が入ってしまう事で筋肉に傷がついてしまい痛みとなります。ぎっくり腰は繰り返しやすいです。繰り返さないためには早めの治療が必要です!

今まで特に腰痛を感じたことが無い方でもぎっくり腰は起こるんです!

ぎっくり腰はそもそも慢性的に固まっている筋肉の上に、急性の傷がついて起こるケースが多いのです!
なので、今まで腰に痛みを感じていなかった方でも、気づかないうちに日常生活で負担が溜まっていて、ある時ちょっとしたきっかけでドーンと症状が出てきてしまいます。

ぎっくり腰って?

不断に日常生活、動かしたりすることがとても痛いです。痛みが出てしまってからでは治るのにとても時間がかかってしまいます。ご自身が辛いです。その前に普段の姿勢を改善することはもちろん、治療を進めて行くことが大切です。筋肉の硬さがあるとぎっくり腰の症状が起こりやすいです。起こる前に予防をしましょう!!

季節の変わり目は要注意

季節の変わり目,気温気圧の変化が大きい時にぎっくり腰は多いので瞬発的動く際は注意しましょう

慢性急性タイプの症状

ぎっくり腰とは、慢性的な症状の下地の上についてしまった急性の傷の事を指します。そのため、慢性的に腰痛の方が起こりやすいと言われています。日々のケアが大切となってくるので腰痛でお悩みの方は当院にお越しください!

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰は筋肉にいままで積み重ねてきた負担や小さな傷がふとした行動でブチっと切れてしまう症状です。そのため、はじめは症状の出ているピンポイントの部分を治療するとともにかばってしまった筋肉に対しても治療を行うことで、治療の効率が上がります。

最近増えています。

この季節。気圧の変化もあるためかぎっくり腰で来院頂く方が多くいらっしゃいます。普段通り過ごしたつもりが痛くて動けなくなってしまった。いつどのタイミングで起こるかわからないからこそ怖い物でもありますよね。しかしぎっくり腰は元々の筋肉の硬さによるものなのです。大丈夫と言うそこのあなた。あなたももしかしたらぎっくり腰予備軍かも?!しれません。当院でご相談を!!

癖になってしまうことも?

一度ぎっくり腰をしてしまうとその傷が完全に治り切っていないか、またその時にかばってしまった負担によって再度ぎっくり腰になってしまう場合がございます。そうならないためにも定期的な治療を要します。是非当院にご来院ください。

ぎっくり腰はうつる?

ぎっくり腰は実は自分の周りで起きたとき、その後に自分もなってしまうという方も少なからずいるようです。原因は恐らく元々持っていた症状に気づかなかったものが、ぎっくり腰を起こしている人を目で見ることによって自分自身の腰痛を自覚してしまう方もいるようです。お心当たりのある方は当院にご相談ください!

これってぎっくり腰

ぎっくり腰というと、何か重たいものを持ちあげたとき、激しい動きをした際に負担を腰に掛けてしまった時に起こると思いがちですが、ぎっくり腰というのは慢性的な下地の上に急性の傷がついてしまっているのです。そのため、いつもと違う布団とかで寝た場合でもぎっくり腰に似た症状というのは出てしまうんです!

繰り返し痛みが出ている

ぎっくり腰・・・何をするにも痛かったり、動けない方もいらっしゃいます。このぎっくり腰を何回も繰り返している方いらっしゃるのではないでしょうか?放っておくと痛みは引いてきます。しかしそれは治ったというものではありません。筋肉が痛みをかばい症状を抑えているだけなのです。その硬さをそのままにしておくと痛みが爆発してしまうのです。今の痛みは今のうちに!!当院へお越しください。

急に腰に痛みが?

ぎっくり腰は、例えば重い物を持とうとしたり、朝身体を大きくひねってしまった時に腰に鋭い痛みなどが走る症状になります!これも急な痛みではあるのですが、基本的に慢性的な腰痛の下地の上から傷がついてしまっている状態なのです。そのため、下地が良くならないと何回でも傷つく場合があるのです。

ぎっくり腰に似た症状

何か原因があって腰が痛くなったわけではないのに、動くのが辛いくらいでぎっくり腰に似た症状が出ている方!それは、ぎっくり腰の前兆みたいなものです。ぎっくり腰は、慢性的な下地の上に急性な傷がついたものなので、その慢性的な症状部分が悲鳴をあげている状況なのです。ぎっくり腰になってからだと治療の期間も長くなるのとお身体自体もつらいのでそのような症状が出ていましたらお早めにご相談ください!!

何回も繰り返しある方

ぎっくり腰を何回か繰り返し出てしまっている方いませんか??実は、それはぎっくり腰の原因である慢性的な下地の部分が完全に治りきっていないからなのです!!下地の部分は深いところにあるためそこを治療するためには、長い時間をかける必要があります。しかし、下地が治りきらないといつぎっくり腰が起こるかわからないので治療を受ける必要はあると思います!

動けない

動くのが辛い・痛いそれはぎっくり腰の症状かもしれません。今症状がない方も腰痛からぎっくり腰になることも!!繰り返しの方は当院での治療をおすすめいたします。

癖になってしまっている人

ギックリ腰が癖になってしまって繰り返し起こっている方は、是非当院にお越しください!!当院では深層筋治療というものを行っているのですが、ぎっくり腰の原因は慢性的な下地のようなものの上に急性な症状として出てしまっているのでしっかりと深層筋を治療していく当院の治療はオススメいたします。

慢性的な下地

ぎっくり腰は慢性的な下地の上に急性な傷がついてしまったものなのです。この急性の部分は早く良くなります。しかし、慢性的な部部が良くなっていかないとまた同じ痛みを繰り返してしまうのです。しっかりと深いところを取り除く必要があるのです。

ぎっくり腰・背中

動くのが辛い・痛いそれはぎっくり腰の症状かもしれません。今症状がない方も腰痛からぎっくり腰になることも!!ぎっくり腰は腰だけではなく背中も同じような症状が出ることもあります。お辛い症状ございましたら当院までご相談ください!!

目標をもって治療しましょう!

例えば仕事の出張があるとか、旅行があるとかそういった直前にぎっくり腰をやってしまった場合は、恐らく遠出できるかの不安が大きいと思います。なので、しっかりと目標を設定して来院頻度や治療の長さを決めていきましょう!

身動きが取れなくなるほどの激痛

ぎっくり腰の痛みの程度も人それぞれではありますが、身動きが取れなくなってしまうほどの激痛になることも少なくありません。ぎっくり腰は海外では魔女の一撃とも呼ばれているほどです。痛みを和らげようと、損傷や炎症を起こしている患部を揉んだり、お風呂で温めたりするのは逆効果ですのでご注意ください。治療を受けていただくことがつらい痛みを取り除くためには非常に効果的です。

腰の痛み

腰痛からの影響でぎっくり腰になることも!!突然痛みが来ます。痛い・・・そんなときは当院へご相談ください。

急性症状

最近は急性症状が増えています。寒いからこそ筋肉が固まりやすく固まっているところを動かすので痛みが出やすいのです!この時期は急性症状が出やすいので違和感を感じたら早めに当院への受信をおすすめいたします!

季節の移り変わり時も要注意!!

気温の変化が起きやすい季節の移り替わり時は、筋肉が緩み、縮こまりの繰り返しをしてしまうので、負担をかけてしまっています。そうすると筋肉が悪くなってしまいがちなので、そこからぎっくり腰が起こりやすいです。

寒い時期

ぎっくり腰は腰痛の積み重ねからくるものが多いです。今放置していると悪化してしまいます。そのまま放置せず早めに治療がおすすめです。最近増えている症状です。我慢せず当院へお越しください。

最近増えています!

最近急性症状が増えています。放置すると悪化する可能性があります。痛みが出たら放置せず早めに治療を行いませんか?

腰痛でお悩みの方へ

最近姿勢の影響で腰痛の方が多くいらっしゃいます。腰痛・・・痛いと動けなくなってしまうということもあります。それがぎっくり腰です。その前にだるい重い・・・ということがございましたら当院へご相談ください。

ぎっくり腰にお悩みの方原因は・・・筋肉です!

ギックリ腰にお悩みの方の約8割以上の原因は筋肉にあると言われています骨や靭帯などの原因を訴えられる方も多くいらっしゃいますが、その根本原因は筋肉にあります!ぜひお悩みの方は一度ご相談を!

力が入らない

力が入らない、痛い・・・それはぎっくり腰かもしれません。ぎっくり腰は些細な動きで起こります。体を捻った時、力を入れようとしたとき・・・重い荷物をもったからという理由はほとんどありません。その原因は筋肉です。骨ではありません。ぎっくり腰かも?!と感じたら早めに当院へご相談ください。

季節の変わり目に多いぎっくり腰

この時期は三寒四温で温かい日と寒い日が続きます。こんな季節が腰にバクダンを抱えていらっしゃる方は要注意!対策は永福町駅前で!!

ぎっくり腰の原因は

ぎっくり腰の原因は腰の筋肉が凝りかたまりその状態を無理に動かすことで起こります。すると筋肉に傷がつくのです。今腰痛がある方もない方も実はぎっくり腰の危険性があります。今辛くないからこそ、またつらいからこそ早めに当院で治療医を行いませんか??

ぎっくり腰急増中

ぎっくり腰は放っておくと・・・悪化したり、繰り返しの原因になります!ぎっくり腰は最近増えてきています。辛さを感じていらっしゃる方こそ当院の施術を受けてみて下さい。

季節の変わり目でぎっくり腰急増中

この季節は急性症状が多発しています。辛い所を放置していると悪化する可能性も!!そのままにせず早めに当院へご相談ください。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は重いものを持ち上げるときよりも軽いものを持ち上げる方がリスキーです。お気を付けください。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は筋肉の急激な収縮により発生します。急な動作はお気を付けください。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は根本治療しないとクセ付きます。治療はお早めに!

ぎっくり腰

腰の筋肉が傷ついたままだとぎっくり腰になる恐れがあります。しっかりとケアをしましょう。

急性症状

急性症状は油断しているときにこそ起こりやすくなっております。今は腰痛が無くても起こることがあります。お身体のケアが重要です。

急なぎっくり腰に

急なぎっくり腰どうしたらいいか不安ですよね。そんな時は当院にご相談下さい。インナーマッスルセラピーで良くします。

慢性的な腰痛はぎっくり腰の危険性あり!!

筋肉が傷つくことで慢性的な腰痛になってしまいますが、この状態を放置しておくとぎっくり腰になってしまう危険性があります。そうなる前に当院で治療しませんか?
<h4慢性的な腰痛はぎっくり腰の原因に

慢性的な腰痛は筋肉に傷がついていてそれが治らないために痛みが出ています。そのため筋肉自体が悪くなっているのでぎっくり腰の危険性が高くなってしまいます。ぎっくり腰は筋肉の傷が原因なので治療をすれば症状は良くなりますし、起きにくい身体にすることが出来ます。慢性的な腰痛やぎっくり腰でお悩みでしたら当院にご相談ください。

 

腰痛に負けるな!

もう良くならないから・・・そうあきらめていませんか?筋肉専門治療院のナチュラル整骨院におまかせ!頑固な腰痛、ここで戦ってみませんか?

あなたの腰痛良くしませんか?

慢性的な腰痛でお悩みの方、どこに行っても良くならなかった腰痛が当院では良くなりますよ!都内で1%のインナーマッスルセラピーは深層筋治療と呼ばれ痛みの原因である深い部分の筋肉に十分刺激を入れることが出来るので症状を良くすることが出来ます。急な腰痛、慢性的な腰痛でお悩みでしたら当院にご相談ください。

急性症状増えています

ぎっくり腰でお越しになる方が急増しております。ぎっくり腰の治療も当院は対応させていただいております。お悩みの方繰り返すことが多い方は当院までご相談くださいませ。

ぎっくり腰を再発させない施術があります

もうこんな苦しいのは嫌だ!毎年こんな目になんで合うの!!そんな辛い症状ここで改善しませんか?ナチュラル整骨院のインナマッスルセラピーなら腰痛、ぎっくり腰の予防が出来ます!

腰痛の再発が不安な方へ

再発させない施術がここにあります。施術内容は、インナーマッスルセラピー・・・!

貴方のプランに合わせて施術させて頂きます。

ギックリ腰は未然に防げます

多くの方が知らないことですが、ぎっくり腰は腰またはお尻の筋肉が悪くなることで発生します。
筋肉の傷が原因であのような耐えられない痛みが出ているのです。
当院は深層筋治療という筋肉治療を行っています。筋肉の傷を根本的に治療することで、ぎっくり腰になりにくい身体にすることが出来ます。

急なギックリ腰に

腰痛持ちの人が恐れているものそれはぎっくり腰です。1度起こしたことがある人はあの痛みがどれほどかわかりますよね?もう2度と起こしたくないいと思ってる人もたくさんいると思います。2度と起こさないためにも毎日のケアをしましょう。しかし万が一起きてしまったら・・・当院にご相談ください。歩くのすら辛いという方は仰向けになって膝を曲げゆっくり左右に振ってみて下さい。何度かやっていると少し楽になりますよ!!

急性症状増えています

急性症状は季節の変わり目に多い症状です。「ぎっくり腰」だけではなく「寝違え」もあります。気温やお天気の状態が違うからこそ体がついていけなくなり急性症状として痛みが出るのです。今のうちに早めに当院までご相談ください。

ぎっくり腰は筋肉から

ぎっくり腰は筋肉の影響からの痛みなのです。ぎっくり腰は時間が経てば良くなる・・・と言われてますが・・・実はちがうのです。傷ついた筋肉に周りの筋肉がかばい蓋をしている状態です。治ったという訳ではないのです。痛みを少しでも早くそして繰り返さないためには早めの治療が必要です。

筋肉の治療でぎっくり腰を未然に防ぎましょう

寒くなるとぎっくり腰になる方が増えてきます。寒さから筋肉が縮こまってしまうのか、上手く筋肉が動かなくなるのかわかりませんがとにかく寒くなるとぎっくり腰が増えてきます。ぎっくり腰になってしまう原因として考えられるのが慢性的な腰痛のように腰の筋肉が悪くなっていることです。筋肉が弱くなってしまっていることによってそこに新たな傷がついてしまう事で強い痛みが出てしまいます。ぎっくり腰にならないためには慢性的な腰痛を治療することが必要です。脚(ふくらはぎや太ももの裏)の張りや重さが出てきて、腰に違和感が出てきたら危険サインです。すぐに治療をおすすめします。またぎっくり腰は重いものを持った時に起きやすいと言われていますが実は違います。気を付けなくてはいけないのは軽いものを持つときや靴下を履く、洗面台で顔を洗うなどです。重いものを持つときと違ってこの時は意識をしていないため、脳から筋肉への指令が上手く出せず、筋肉が正しく動かないためぎっくり腰になってしまうと言われています。どんなことをするにも意識をしてから動くことでリスクを減らしましょう。ぎっくり腰になりたくない方、なってしまった方は当院にご相談ください。

ぎっくり腰は癖になる

ぎっくり腰が起きたら整骨院にかよって治療を受けたり、湿布をはって安静にしていったん痛みがおさめて、「治った」と思う方がほとんどかもしれません。
しかし実際には全く治っていなく一度ぎっくり腰をおこした筋肉はそこに筋硬結という硬いしこりである症状を引き起こす原因が存在します。
そこがなくならない限りは一生ぎっくり腰にならないように身体をかばいながら付き合っていかなければなりません。
それは慢性腰痛も危険性があります。慢性的な腰痛は筋肉に傷がついたものが治りきらず古くなり、凝り固まった状態で、ぎっくり腰などの急性症状は慢性痛の筋肉の上に新しく傷がついて痛みが出ている状態です。
そのため慢性腰痛を溜め込んでしまうと急性症状のリスクがどんどん上がっていきます。
では痛みが強く出る前に慢性症状をどのようにして改善していくかというと、治りきっていない慢性の傷を治していくしかありません。
治りきっていない筋肉にはしこり(筋硬結)が存在し、しこりは極端に血液循環が悪いため、血液循環を良くしていくしかありません。
インナーマッスルセラピーではその筋肉のしこりに刺激を入れて炎症反応を起こすことで人間の自然治癒力を活かして治していきます。

季節の変わり目はぎっくり腰

季節の変わり目は気温の変化から、筋緊張が起こりやすくぎっくり腰になりやすい季節です。
真冬で寒い時期などは腰痛も考えやすい所ですが、ぎっくり腰はむしろこういった気温の変わり目に引き起こしやすくあります。
しかしなにも急に気温の変化から急に筋肉を傷つけるわけでもなく、筋肉の古い傷が凝り固まり、下地になってその上に新しい傷を作ることで症状を引き起こします。
ですから筋肉ははるか昔から悪くなっていることがほとんどになっています。
ぎっくり腰のような新しい傷に関しては個人差はありますが、最低でも2、3回治療すればなおることはありますが、古い傷に関しては時間をかけて長く治療をしていかないと良くはなりません。悪くなった年月分治療期間はかかるとは言われていますが、治療を定期的にメンテナンスしていければその3分の1の期間で良くなるとは言われています。ぎっくり腰を頻繁に起こしている方も中にはいらっしゃると思います。中には毎年起こしている方もいますが、腰に痛みがでて安静にして痛みがなくなったとしてもそれは根本的に治ったわけではなく炎症反応が一時的に収まっただけで根本部分は全く良くなってはいません。しっかり治療をしてぎっくり腰になる前に筋硬結の除去をしていき腰痛予防をしていきましょう!

脚の怪我がぎっくり腰に繋がる!?

腰の悪さが脚に痛みや重だるさ、痺れをもたらす坐骨神経痛という言葉はご存知でしょうか?
脚の支配神経である感覚神経や運動神経は腰から抹消に散らばって出ており痛みなどがリンクするのです。
実は逆もしかりです。
例えば昔痛めた捻挫などが神経を伝わり腰に傷を作り、その傷が治りきらず時間をかけて腰に痛みを引き起こすまでになってしまうこともあります。
筋肉の傷はだいたい8才ごろから発生すると言われています。
みなさんは昔足などを怪我した記憶はありますでしょうか?
怪我が大きければ大きい程症状は腰の部分に残り、痛みの原因になります。
そのため極論でもなく、治療は8才以降から始めるべきなのです。
若いうちでもどんどん身体は悪くなっていく一方です。
虫歯と同じで虫歯をしっかりと取り除かないと症状は周りに広がり症状は重いくなっていきます。
当院のインナーマッスルセラピーでは筋硬結が出来た背景を問診の中で洗い出し、視診や触診で悪くなっている場所を絞っていきます。
原因になる筋硬結を絞り込めたらそこに対して治るための神経性炎症を与え、自然治癒力を活かしかくて改善までつなげていきます。
筋硬結の完全除去することで症状は治癒に向かっていくと考えています。
是非一度お試しください!!!

季節の変わり目はぎっくり腰が危険

季節の変わり目は気温や気圧の変化によって症状を引き起こしやすくなっております。
筋肉は冷えると筋肉の中の血管が収縮するため血流循環は悪くなります。
筋肉は血液を原動力として伸び縮みして動かしますが、血液の流れが悪いと動きが鈍くなり、硬さも生まれてきます。
それがぎっくり腰をはじめ急性症状を引き起こす地盤になるのです。
みなさんが「重いなぁ」「こってるなぁ」と感じる慢性痛は痛みを出しやすい地盤の状態なのです。
ぎっくり腰や急性症状は実は比較的に早く治ります。
早い人では1回の治療で、かかる人では1カ月くらいで痛みは取れていきます。
かかるのは慢性的な筋肉のコリ、痛みの地盤となっている場所です。
どれくらいで治るかというと一概には言えない所がありますが、目安としては悪くなった分だけ治療はかかると言われています。
例えば10年前からコリ感が気になっているという方は、10年かかるとは言われています。
早い人ではその3分1で良くなると言われています。
そのためには定期的な治療でのメンテナンスが必要になります。
根気強く定期的な治療を行えば必ず良くなっていきますよ!!

突然にやってきます!!

長期のお休み明けに出やすいのがぎっくり腰です!
日々の疲労感の蓄積、旅行などに行った後の疲労感、久々にスポーツをした後の疲労感など様々なことが挙げられます。
日常生活の動きの中で突然の激痛が腰に走るのが、ぎっくり腰と言われています。くしゃみをしたとき、顔を洗っているとき、起き上がった瞬間など色々な動きの時に出てきます。
ぎっくり腰は『急性腰痛症』と言われています。ぎっくり腰の原因はいくつかありますが、筋肉の疲労の蓄積、身体の歪みからくる腰痛、いきなりの過負荷などがあります。
筋肉が原因でぎっくり腰になる方が多いのです!!筋肉は姿勢を伸ばす、身体を動かすだけでも少しの傷が日々ついていきます。
その傷が治らず、蓄積していくと筋硬結という固まりが出来ていきます。その筋硬結が増えていくことにより、突然の刺激で負荷がかかりぎっくり腰になっていくのです。
当院では身体にある筋硬結に刺激を入れることにより、ご自分でその筋硬結を治す、自然治癒力を高めていきます!
筋硬結はお身体の深層筋部分に多く存在します。その深層筋部分にしっかり刺激を入れ、治療を進めて行きます。
深層筋治療は都内でもなかなかやっていない治療方法です。ぜひお試しください!

突然の腰の痛みはぎっくり腰かも?

みなさんは突然の腰の痛みに襲われたことはありませんか?
その痛みの正体はぎっくり腰かもしれません。
ぎっくり腰と聞くと歩けなくなるぐらいの痛みを想像するかもしれませんがぎっくり腰も痛みの度合いがあります。
軽いものから重症なものまで様々です。ピッシっと腰に痛みがあればぎっくり腰を疑ってください。
ぎっくり腰の痛みの正体はなんだろう?と思っている人もいるので説明します。
ぎっくり腰は筋肉の痛みです。筋肉に傷が入りあれほどの痛みが出てきます。
筋肉は毎日の日常生活の中で傷がついてしまう弱い組織なので少しでも負担を減らす必要があります。
減らし方は姿勢をよくすることです。姿勢が悪くなると筋肉に掛かる負担は2倍になると言われています。
だから正しい姿勢をキープする必要があります。姿勢をキープするためには腹筋の筋力が必要になります。
痛みは治療により取れますが、予防をするためには腹筋の筋力を強くする必要があるので、当院では治療+EMSによる筋トレを組み合わせてぎっくり腰を起こさないようにしていきます。
このプランで最低でも3か月続けて行うことで腰の負担が格段に減ってきます。
長年の腰痛や急なぎっくり腰でお悩みの方は是非当院にご相談ください。

5月はぎっくり腰が多くなります

5月は季節の変わり目で寒暖差が激しくお身体に疲れが溜まりやすい時期です。
お身体が疲れているときはぎっくり腰が非常に起きやすくなります。
みなさんはぎっくり腰が起きてしまう原因はご存知ですか?
ぎっくり腰を起こしてしまう時のイメージとしては重たいものを持った時に起きやすいと思っている人がたくさんいらっしゃいますが、実は日常の何気ない動作の時にぎっくり腰は起きやすいです。
例えば靴下を履くときや洗面台で顔を洗う時です。
これは何気ない動作の時に脳が動作を考えていないため筋肉が正常に動かないことがあるからです。
必要以上に動いてしまったり、逆に動かなかったりします。
これがぎっくり腰になってしまうのです。
普段の生活で気を付けていればぎっくり腰はある程度防ぐことが出来ます。
しかし大事なことは慢性の腰痛を改善していくことです。
なぜかというとぎっくり腰は慢性的に悪くなっている筋肉を下地に急性の傷が入ってしまう事で起きるからです。
なので慢性的な腰痛を治していきぎっくり腰の予防をすることが大切です。
当院の治療はインナーマッスルセラピーと言ったをし治療をしております。
インナーマッスルセラピーは腰痛を根本的に改善できる治療法です。
ぎっくり腰でお悩みでしたら当院にご相談ください。

ぎっくり腰が起きたら・・・

「ぎっくり腰」は全ての人にリスクがあると言えます。
「普段腰が痛くないから大丈夫」というわけにはいかず、
筋肉のコリは痛みがなくとも知らず知らずと増幅し、気が緩んだふとしたタイミングでおこることが多くあります。
ではぎっくり腰を起こしやすい方とはどういう特徴があるでしょうか?
それは「筋肉が固い」「筋肉が少ない」ことが原因です。
例えば皆さん身体を前に倒す前屈運動は出来ますでしょうか?
太腿がつっぱり、手がつま先までつかない方は危険や信号です。
太腿の筋肉は筋連結で臀部、腰部と繋がっているため、痛みがなくても前屈がやりずらい方は是非ストレッチを入念にしてみて予防してください。
もしぎっくり腰が起こったとしたらまずは患部に対して冷やすことをおすすめします。炎症反応が強く出ているため、それをまず落ち着かせて発痛物質を抑え込む。
しかしそれでは回復には至りません。患部に対しては痛みがあっても炎症反応を起こしていく必要があるため、歩けるぐらいになったら早期の治療をおすすめします。
処置が早ければ早いほど回復は早いです。治療後はよく暖めて血流循環を良くすることで促進効果があります。

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0063 東京都杉並区和泉3ー5ー7西野ビル1F
駐車場コインパーキング有り
電話番号03-5355-3549
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜午後