MENU TEL

膝痛

ひどい膝痛になってしまう前に永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院へ

毎日普通に歩いているだけでも膝には負担がかかっております。さらにスポーツをしていれば、ランニングやダッシュ、ジャンプ動作によってより大きな負担がかかっていることになります。こうした負担が積み重なることで膝痛が起こってしまうのです。膝痛があると、思い切りスポーツができなくなってしまいますし、日常生活にも支障をきたしてしまうでしょう。是非お早めに永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院にて治療を始めるようにしてください。

年齢を重ねれば誰でも膝痛が起こる?

年齢と共に階段の上り下り時、長時間の歩行時などに膝痛が出てくることが御座います。これは関節にあるクッションの役割をしている軟骨が磨り減ってしまうことによる痛みなのです。年齢のせいだから仕方がない…と放置していると、関節が変形してしまい手術が必要になるかもしれません。永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院にて早めに改善しておきましょう。

他の部位にまで痛みが広がることも…

膝痛をかばっていると、腰や股関節、足首など他の部位に不自然な負担がかかり傷めてしまうことも考えられます。永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院では全身のバランスを調整し、一部分にばかり負担がかからないように身体を整えます。是非当院にお越しください!!

腰痛から

腰痛からの影響でかばって膝痛を起こす方が多くいらっしゃいます。今膝につらさを抱えていらっしゃる方は当院のインナーマッスルセラピーがおすすめです。早めに当院までお越しください。

長年悩まされている方

長年悩まされている方に共通することは、痛みが出たり引いたりを繰り返していませんか?実は痛みが引いているのは治っているからではありません。身体が痛みをかばうことで抑えているだけなのです。そうすることで、また新たに傷を作ってしまいどんどんお体を悪くしてしまいます。

膝痛の原因は腰

長年悩んでいる膝痛。「整形外科でもレントゲンを撮って異状はなかったし、毎日ストレッチもしているのになぜ症状が治らないのか?」原因は腰の筋肉の悪さから来ていることが多くあります。手や足の末端部分は脊柱から「感覚神経」「運動神経」と繋がっています。そのため脊柱付近に不具合を生じると末端部に症状が出てくることも多いにしてあるのです。膝の痛みの場合は、腰のL4.5番の腰に不具合があることが多いです。脊柱周りに筋硬結という筋肉のしこりがあることでそこの感覚神経を圧迫して痛みなどの症状を引き起こすのです。そのため、いくら膝の治療をしても良くならないというのはそういう背景があるからなのです。では何故腰が悪くなったのか?それは腰に負担が掛かるような、「例えば新幹線に乗っていて長時間座り姿勢でいた」や「中腰になって重たいものを運ぶことが多い」など腰に対して直接負担がかかるケースもあれば、他にも「以前捻挫をした」「小さいころに遊んでいて膝を擦り剝いた」など以前の脚の怪我によって神経通じてできた筋肉の傷が腰に存在していることもあり、原因は様々です。共通して言えることとすれば、昔に出来た筋肉の傷が治りきっていないという事です。治りきらなかった傷は何もせず引きづれば引きづるほど治療には時間が掛かります。そのため、身体にとっては神経質になりすぎるくらいに何か不具合を感じたら治療を検討してみることが大事かと思われます。

膝痛、関節症の痛み

膝痛は腰の悪さが原因になっていることが多くあります。
膝の痛みや動きに関わる神経が束になって腰のL4,5番の高さの位置の脊柱から出ています。
そのため腰の悪さ、古くからの慢性痛などが膝に影響をかけて痛みを発します。
長年の膝の痛み。レントゲンをとっても原因もわからず、膝に負担を大きくかけてしまい、とうとう軟骨や靭帯を損傷することもあります。
その多くの原因が腰の脊柱起立筋の硬さからくるのです。筋肉の硬さが、その腰から出ている膝に繋がる「感覚神経」「運動神経」を圧迫してしまい、
膝の痛みにつながります。脚の痺れや重だるさ、むくみなどの坐骨神経痛との一種とも言えるでしょう。
膝の症状としては変形性膝関節症、半月板損傷、ランナー膝、ジャンパー膝、タナ膝、オスグッド、鵞足炎、軟骨症などがあります。
骨や靭帯に関わる部分はそれ自体を筋肉治療で回復
させるためには難しいですが、それに伴う痛みは腰周りの筋肉を整えることで痛みの改善につながります。
どこを「治った」と考えるかは人それぞれであり難しい所ですが、大半の方が痛みの辛さを気にされている方で「とにかく生活に支障がない痛みの改善」を目指しているのではないでしょうか?膝痛、もしくはなにか痛みの症状を気にされている方は是非ご相談ください

ご高齢の方で悩んでいませんか?

ご高齢の方の悩みで多く見受けられるのが、腰痛や膝の痛みです。
寒い冬の時期は特に多くなりますが、季節の変わり目や梅雨時期にも多く見受けられるので、注意が必要です!!
ご高齢の方の膝痛の原因は何か?いくつかの原因が挙げられます。
滑液分泌の低下や、軟骨のすり減りどがあります。しかし、多くの方が筋肉量の低下や衰えが大きな原因となっていることが多いです!
高齢者になるとあちこちの機能が衰えると同時に筋肉量も減っていってしまいます。膝は体を支える大切な役割をもっていますが、支えるための筋力がないと膝に大きな負担がかかります。それにより、関節の負担が大きくなり、それが痛みとなって現れます。
ご高齢の方はどんどん行動範囲が狭くなってしまうためなおさら筋肉量が極端に減ってしまうのです。
膝が痛い→動かない→筋肉が衰える→さらに関節に負担がかかるという悪循環に陥ってしまいます。
筋肉を動かし、維持していくことが大事です!しかし、痛くて動けないという方も多くいらっしゃいます。その方はまず固まってしまった筋肉を緩ませることから始めましょう!
膝の痛みは腰の筋肉の固さから出ていらっしゃることも多く見受けられます。膝なのになぜ腰?と思われがちですが、腰の筋肉が固まってしまう事により、下肢の神経を圧迫してしまい、痛みが出やすい状態になってしまうのです。
実感がわかない方は、ぜひご来院ください!

膝の治療を受けても良くならない方へ

膝の痛みが出てきたら痛みの原因はどこにあると考えるでしょうか?
「膝の軟骨がすり減っている?」「歳が原因だからしょうがない」
と考える方も中にはいるでしょう。
実は膝の痛みに関しては腰の悪さが要因になっていることが多いのです。
膝の感覚神経は腰椎の4.5番(l4.5)から膝に繋がっていきます。
腰にコリが生まれると、そこを神経が圧迫して、膝の痛みを出すことも多いです。
そして実際に腰のコリを改善することで膝の痛みは緩和されるのです。
筋肉に原因があれば症状はいくらでもよくなる可能性があり、それを実現できるのがインナーマッスルセラピーです。
膝の痛みに限らずどこに行っても良くならない症状に関しては是非当院にご相談くださいませ!!

膝が痛くて歩きたくない

ご高齢の方で多く見受けられるのが、膝や腰が痛くて歩きたくないとおっしゃられる方です。寝ていると楽だから・・・と言って1日横になられる方もいらっしゃいます。しかし、痛みがあるからと言って寝てばかりいると、いざ歩こう!と思った時に自分が思っているように歩けなくなってしまう方が多いです。
ご高齢の方の介護申請で多いのが虚弱です。お身体が弱ってしまい、申請に至る方が多いのです。中でも原因として、腰痛や膝痛があげられます。
膝の骨がすり減っているから仕方ない、もう歳だから仕方ないとおっしゃられる方が多いのですが、膝を支えている下肢の筋肉をしっかり維持することが大切なのです!
筋肉を維持するためには、まずは固まってしまって動きが悪くなってしまっている筋肉を緩め、正常に動きが出るように整えていきます。
同時に膝を支える筋肉、また体幹を支える筋肉をつけていくことが大切になります。
なぜ膝の痛みなのに体幹なのか、それはお身体の構造上で大切になってきます。お身体は1本の背骨でつながっていきます。背中が丸くなり、骨盤が後傾してしまうと、自然と膝は曲がってしまい、負担がかかってしまうのです。その為、体幹の筋肉も必要となってきます!
筋肉を緩めながら、筋肉をつけて膝の痛みを改善していきましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0063 東京都杉並区和泉3ー5ー7西野ビル1F
駐車場コインパーキング有り
電話番号03-5355-3549
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜