MENU TEL

むくみ

永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院で体液循環を促しむくみを解消

立ち仕事やデスクワークのように、あまり体を動かさずに長時間同じ体勢を続けているという場合には、足のむくみが起こりやすくなります。女性の方ですと特にむくみを気にされていろいろな対処法を試してる方も多いのではないでしょうか。永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院では、原因となっている部分へしっかりとアプローチし、美容と健康を保ちます。

体液の循環を活性化させます

むくみというのは、血液やリンパなど体液の循環が悪くなってしまい身体中に溜まった状態です。そのため、永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院では骨盤や背骨など骨格の矯正、硬くなった筋肉をほぐすためのマッサージなどによって、体液の循環を活性化させていきます。

むくみは健康のバロメーター

体液の循環が悪くなりむくみができていると、身体の中に老廃物が溜まっているということがわかります。老廃物を溜め続けていると何らかの疾患を引き起こすキッカケとなってしまうかもしれません。永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院の施術で身体の内部の環境を正常化させておくことが、健康な身体を維持するために大切なのです。

むくみって?

むくみは皆さん何かご存知ですか?むくみとは心臓から出た血液が手や足まで流れてくれるのですが、流れた血液を心臓にうまく戻せず余分な水分が血管の外に出てしまったものです。筋肉の収縮で戻すものが上手く機能出来ていないという証拠です。その症状を良くするためには筋肉の硬さを柔らかくしていく必要があります。

体液の循環を活性化させます

むくみというのは、血液やリンパなど体液の循環が悪くなってしまい身体中に溜まった状態です。そのため、永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院では骨盤や背骨など骨格の矯正、硬くなった筋肉をほぐすためのマッサージなどによって、体液の循環を活性化させていきます。

体液の循環を活性化させます

むくみというのは、血液やリンパなど体液の循環が悪くなってしまい身体中に溜まった状態です。そのため、永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院では骨盤や背骨など骨格の矯正、硬くなった筋肉をほぐすためのマッサージなどによって、体液の循環を活性化させていきます。

循環をよくしましょう

むくみの原因は筋肉が硬くなることにより血液循環が悪くなっていることにあります。筋肉の硬さを取り除き循環をよくしていくことで今の状態が良くなります。当院で血液循環をよくしていきませんか。

むくみの原因

筋肉の硬さが原因です。循環が悪くなることで体が冷えむくみが起こります。筋肉をほぐし循環を良くすることでむくみが解消します。むくみでお悩みの方特に女性に多いお悩みです。当院の治療がお勧めです。

むくみ

血液・リンパの流れが悪いとむくみがでます。むくみの影響で体調が悪くなることもあります。当院でむくみを解消しませんか?く

むくみ

むくみは筋肉が悪い証拠です。当院で解消しませんか?く

むくみ

むくみの正体は組織液です。血管が細くなるとむくみやすくなります。く

むくみ

筋肉の中の血管が細くなるとむくみと疲労感が出ます。

むくみ

筋肉の中の血管が細くなると行き場を失った水分が外に漏れだしむくみになります。

循環障害

むくみは血液循環が悪くなっている状態で筋肉のポンプ作用が上手く働いていないような状態です。筋肉のポンプ作用を活発にし循環を良くしていくことで無垢意味が解消します。

むくみの原因は?

むくみは循環機能が低下すると現れます。循環は自律神経によってコントロールされています。筋肉の悪い所がむくんでいるのは循環だけでなく自律神経も悪くなっているのです。

 

Q、むくみってみんなあるんじゃないの?

A、むくみは生きている限りあります。ヒトの体の60%は水分です。しかし、夕方からむくむ。同じ姿勢でむくむ。は自然なことです。しかし、それは時間の経過とともに戻りますのでご安心を。循環不良によるむくみや内臓疾患に夜のものなどは原因を除去しない限り大変なことになりますから、医療機関に行きましょう!

むくみに効く!!!

当院が行っているインナーマッスルセラピーはむくみの解消に効きます。筋肉が悪くなるとむくみます。筋肉の状態を良くしむくみを解消するインナーマッスルセラピーを受けてみませんか?

むくみとは

血液循環が悪い証拠で、心臓から出た血液は動脈という血管を通り全身に送ります。その送られた血液が静脈という血管を通り心臓に戻ります。動脈は心臓のポンプ作用により送り出されるので無意識に送られるのですが、静脈は筋肉の収縮、ポンプ作用により戻るのですが、筋肉がコリ固まってしまっているとそのポンプ作用が上手く機能していないことにより血液循環が滞り血管の外に水分を出します。それがむくみです。むくみ改善にはインナーマッスルセラピーで!!

むくみ

筋肉が悪くなるとむくみがでます。理由は筋肉の中にある血管が筋肉が硬くなることにより圧迫され行き場のなくなった水分が血管の外に漏れだしむくみとなります。むくみでお悩みの方はもしかしたら筋肉のSOSサインかもしれませんよ?

むくみ

むくみは循環を改善することで出にくくなります。循環をよくするには筋肉のポンプ機能をあげ、自律神経を正常に働かせる必要があります。首や腰が痛い人はむくみやすいと言われています。つらい首・腰の治療をしてむくみを改善しませんか?

Q、塩分や水分の摂り過ぎと聞いたことがありますが・・・

A、摂り過ぎもあるかもしれません。しかし大元として摂り過ぎたものを体外へ排出できないことが問題であり、摂取が一概に原因ではなのです。体外への排出は汗や尿といったものですが、血流やリンパの流れが滞ると体内循環が乱れ、体内に老廃物が貯蓄されます。体外排出の為にも施術をおススメします。

Q、身体のむくみって、顔とか、脚とか、手とか・・・末端の症状の事ですか?

A、むくみは全身でリンパと血管がある限りむくみます・・・ということは全身むくみが出ていると思っていただいた方が良いと思います。むくみのせいで見た目が太ったような感じも出てきて、プロポーションにも損が出てきます。夏の時期に、自分の回復力と治癒力を最大限に生かしてミラクルボディーにしませんか?

手先足先のむくみはナチュラル整骨院にお任せ!

夏の時期でもまだまだ浮腫む!手先足先の悩みにはインナーマッスルセラピー!インナーマッスルセラピーでむくみしらずな身体にしよう!

お腹や太もも、最近太くなった?

最近、おなか周りや、太もも周りが太くなったら、、それは浮腫んでいるのかもしれません。インナーマッスルセラピーで体質改善しませんか?ご予約優先的にご案内させていただきます。

最近むくみでお悩みの方

筋肉が悪くなると身体はむくみます。例えば腰が悪いと脚がむくみ、肩が悪くなると腕がむくみます。これは悪くなった筋肉が血管を圧迫してしまうことで起きます。むくみが気になる方は当院にご相談ください。

むくみとは

むくみは血液循環が悪くなることで起きます。循環が悪くなる原因の一つとして筋肉が悪くなることがあげられます。筋肉を良くしてむくみを改善しましょう。

むくみは身体の不調のサイン

循環が悪くなることで起きるむくみ。筋肉が悪くなっていたり、自律神経が乱れていたり、理由は様々ですがむくみはお身体の不調のサインです。むくみが気になったら当院にご相談ください。

むくんだら自己解決しない!

筋肉は最近使っていますか?「運動が苦手・・・」そんな方もご安心ください。インナーマッスルセラピーを受けて筋肉が使いやすい状態を作ります。症状の改善を図りましょう。

むくみって?!

むくみとは筋肉のポンプ作用が上手く働いておらず循環が悪くなっています。心臓から出た血液が動脈という血管を通り全身に送ります。その血液が筋肉のポンプ作用で血液を心臓に戻します。そのポンプ作用が筋肉の収縮です。その筋肉は凝り固まってしまうと働きません。すると血液が溜まり血管の外に水分を出します。それがむくみです。筋肉のポンプ作用を働くようにしていくと・・・むくみも減ってきます。むくみが気になる方は当院までご相談ください

女性の方必見

女性のお悩みで多い症状の一つがむくみです。むくみでお悩みの方も当院のインナーマッスルセラピーで改善していくことが出来ます。お悩みの方は早めに当院へご相談ください。

そのむくみ解決します

最近むくんでるなーお酒とか飲んだわけじゃないのに・・・とお悩みの方!それはもしかしたら筋肉が悪くなっているかもしれませんよ!!!筋肉の中には血管が通っているため筋肉が悪くなると血管を圧迫してしまいむくみが出ます。むくみでお悩みでしたらご相談ください。

女性の敵・・・むくみ

多くの女性の方がむくみで悩んでいますがどうしてむくみは起きるのでしょうか?
むくみは身体の血液循環が悪くなることで起きます。血管が細くなることで行き場の失った水分が血管の外に漏れだしむくみになります。
むくみの解消の仕方ですが⓵身体を温める⓶筋力を鍛える⓷悪くなった筋肉を良くするです!!!
むくみが気になる方は当院にご相談ください。

むくみは身体からのSOSサイン

筋肉が悪くなると血管が筋肉により圧迫され血液の循環が悪くなります。そうなると身体はむくんできます。最近むくんできたな~と思ったら当院にご相談ください。

むくみが気になる方

むくみは血液の循環が悪くなると起きてくるものです。循環をよくするためには硬くなった筋肉をほぐすことが大事です。治療やストッレチ、運動でむくみとサヨナラしましょう。

むくみの正体

むくみは血液の循環が悪くなることで起きます。むくみがあると筋肉が悪くなっていることが分かります。筋肉の中には血管がはいっているので筋肉が悪くなることで血管が圧迫され循環が悪くなります。筋肉の治療をして循環を良くしましょう。

むくみは身体の動きを悪くさせます

むくみは血液の循環が悪くなることで生じますが、むくみがあると関節の動きが制限されます。身体が固いなと思ったらもしかしたらそれはむくみのせいかもしれませんよ!!

靴下の跡が消えない

むくんでいて靴下を履くとなかなか靴下の跡が消えないなんて方いらっしゃるのではないでしょうか??それはふくらはぎがむくんでいるからこそ跡が消えないのです。ではむくみとは??少しふくらはぎを軽く指で押してみてください。押した後がなかなか消えないのではないでしょうか?それがむくみです。血液循環が悪くなっている証拠なのです。血液は心臓から出ています。その血液は筋肉の中の血管動脈を通り全身に流しています。その流れた血液は筋肉の中の血管を通り筋肉のポンプ作用静脈を通り心臓へ戻します。第二の心臓と言われているふくらはぎはこのポンプ作用筋肉の収縮が必要です。筋肉の緊張により筋肉の収縮が上手く作動しないと血液がどんどんふくらはぎに溜まっていってしまうのです。その溜まった血液は限界を迎えると血管の外に水分を出すのです。それがむくみなのです。だからこそしっかりと血液循環を良くしていく必要があります。循環をよくするだけで靴下の跡も、押した後の後が消えないという症状もよくなります。当院ではむくみでお悩みの方もたくさんご来院頂いております。お悩みの方は当院まで!!

むくみって?!?!

むくみの原因とは??足がむくみやすい、顔がむくむそんな状態でお悩みの方多いのではないでしょうか?むくみとはなんだ!というと足や腕を指でグッと押してみて下さい。白い後は消えましたか?しばらく残っていますか?すぐに消えた方はむくみがないもしくはむくみが少ない方、しばらく残ったという方はむくみがある、またはひどくむくんでいる方です。ではなぜむくむのでしょうか?それは血液の循環不足であると言われています。心臓から出た血液は心臓の脈のポンプ作用で動脈を通り全身へ血液を送ります。この時は心臓が勝手に動いており自然と血液は流れていきます。その流れた血液は静脈という血管を通り心臓に戻ります。この時筋肉の収縮によるポンプ作用により戻ります。筋肉が上手く収縮できなくなってくる、疲れてくると上手く働かなくなってくるのです。心臓から出た血液が溜まり心臓に戻しにくくなってくると血管の外に水分を出します。それが少しぶよっとした感覚むくみの正体なのです。筋肉のポンプ作用をもう一度復活していくことでむくみを改善していくことが出来るのです。皆さんはむくみでお悩みではないでしょうか?特に女性の方に多いお悩みです。そこのあなた!悩んでないでまずは相談してみませんか?

インナーマッスルセラピーでむくみを解消しよう

立ちっぱなし、歩きっぱなし、座りっぱなしなど「ぱなし」を続けていると疲労がたまり、なんとなく身体を動かしている、運動している気持ちになりますが、それは勘違い。運動とは筋肉を伸ばして縮ませる収縮作用を用いて身体を動かすことで筋肉が血液を循環させるポンプの役割をしています。そのため同じ姿勢が続く、立ちっぱなしや座りっぱなしは筋肉が同じ状態で緊張させるため、ポンプ作用が使えず、血液循環が悪くなります。血液循環悪い筋肉の周りは血液の水分を上手く流せず、その周りに水分がたまり「むくみ」という症状になってしまいます。筋肉が悪くなるとその周りはむくみが覆うのです。そのため覆われたむくみの原因は、深い部分に埋もれ、症状改善がし辛くなります。インナーマッスルセラピーではまず12~20分かけて筋肉の緊張やむくみを取り除いていきます。それだけでも軽さは出ると思います。しかし根本の原因になっていません。その後、20~分かけて根本の原因を取り除くことでむくみが出にくく、痛みや不快な症状の根本改善を行います。しかし一回の治療では良くなりません。医学的にみても1回で良くなることはあり得ません。
治療期間としては悪くなり始めた期間から今までの約3分の1と言われています。合わせてストレッチや運動なども行うと治療は早まるでしょう。是非気になる症状がありましたらご相談ください!

むくむみやすい=太りやすい

「飲み会の次の朝起きたら顔がむくんでる」「いつも履いているブーツが履けない」などむくみで悩まれている方はほんとうに多くいます。
むくみの原因はアルコールや塩分の摂り過ぎなど色々ありますが、一番の原因は「筋肉を使わないこと」です。筋肉はポンプの役割も持っていて血流やリンパの流れにも影響します。
特に女性の方がむくみが悩みの方で多いのは、女性のほうが筋肉量が少ないからです。そしてただでさえ少ない筋肉を使っていないと基礎代謝が落ち、消費カロリーも低下します。
つまり、むくみやすいひと = 基礎代謝の低いひと = 消費カロリーが少ないひと = 太りやすいひと となります。
同じ姿勢での時間が長くなるとどうしてもちゃんと血が戻って来なくなります。特にデスクワークやレジ打ちの方など、動きが制限されがちな仕事だと筋肉を動かさないため、血液をおくるポンプ作用が弱り、どんどん血液循環が悪くなります。最低でも1時間に1回はちゃんと立ち上がりストレッチし血の巡りをよくしましょう。
もっとも効果的なことは散歩です。少しでも歩くことが血流の循環を良くしてくれます。
もし運動が難しい方は筋治療をおすすめします。循環が悪い筋肉の周りはむくみが存在するものです。筋肉を治療し、症状の原因になっている筋硬結を除去することがむくみ改善にも繋がります。より血液循環をよくする方法を考えていきましょう!

むくみの原因は筋肉の硬さ

むくみは今や若い世代でも気になる症状ですが、特に女性は気にされている方が多いですね。
むくみは冷えと直結しているため、むくみやすい方は合わせて冷え感も強く感じているかと思います。
そんな症状を出している事もすべて筋肉の血流循環が悪いことが原因です。
筋肉が硬くなると筋肉の伸び縮みが出来なく、血液を運ぶ筋肉のポンプ作用が使えなくなっていることが原因にあります。
筋肉の疲労により、筋肉の硬さである筋硬結が生まれ、筋肉の血液循環が極端に出来ることで症状が出ることがあります。
それにより筋肉の中の血管が圧迫され、うっ血することで血液からにじみ出る水分が多く分泌され、本来リンパ管によって吸収されますが、リンパ管の吸収作用も衰えるため、体内に水分が残ってしまいます。それがむくみになります。血液の循環は体温と直結する部分もあるため、当然冷え感に繋がります。
患部を温めるというのも症状を緩和させるには良いですが、根本治療の観点では腰や臀部の血液の通り道をつくってあげることが症状改善につながります。
是非気になる方がいらっしゃいましたらご相談ください。

筋肉は三層構造になっている

むくみというと顔や手足に出てくるイメージがあるかと思いますが、むくみは身体が悪いと全身に起こりうる症状です。
むくみがある部分の深層には必ず筋肉のしこり(筋硬結)があり、筋硬結は極端に血液の循環が悪くなっていてる状態です。そこがむくみのきっかけになります。
筋肉のしこりというのは三層構造になっています。
一番表面にスパズムという筋肉の緊張があります。この筋スパズムというのは、悪い部分が痛いからその痛みが起こりにくいように緊張させている体の状態のことを言います。筋肉が損傷すると、発痛物質という痛みを出す物質が出ます。その痛みを抑えるために筋肉の緊張が起こってきます。
これは生理学的な反応といい、自分の身体を守るために起きている反応なのです。
この次の層には筋浮腫というものがあります。これはむくみの事です。このむくみがなぜ起こるのかをご説明します。
筋肉が損傷すると炎症のプロセスが始まり、発痛物質という物質が出てきます。発痛物質が出てくると、痛みを抑えるために筋肉は緊張します。これを筋スパズムいます。筋肉の中には静脈がたくさん走っています。痛みを抑えるためにスパズムが出てくると、筋肉が静脈を圧迫してしまいます。
そうなると、心臓に血液が戻りにくくなり血液は行き場を失って血液の外に水分が出てしまいます。
むくみや緊張自体が悪いと言うわけではなく筋硬結がその二次症状を引き起こします。
筋硬結を治療でしっかり取っていきましょう!!!

水分は取って良いのか

浮腫みがあるから水分をあまり取らないようにしていました、とおっしゃられる方が多くいらっしゃいます。浮腫みがあっても水分を取って大丈夫です。むしろ適量を摂取していないと、腎臓に負担をかけてしまうので、我慢せずに水分は取っていきましょう!
1日2ℓ程度は取るのが望ましいと言われています。そんなに飲めるかな?と思うと思いますが、お食事に含まれるお味噌汁やスープなども水分とカウントされるので、意外と取れているのかもしれません。
急に暑くなってくると、水分量が減少してしまい熱中症の危険にも繋がっていきますので、こまめな水分摂取が必要です。
飲んだら浮腫みが悪化するのでは、と心配になるかもしれません。浮腫みの原因は筋肉の収縮が少なくなり、汚れた血液を心臓に戻す力が弱くなります。そうすると不純なものが下に溜まっていくため、浮腫みが出てしまいます。水分を取っても、しっかりお身体を使ってあげることにより、浮腫みの悪化を防ぐことが出来ます。

女性必見 むくみの本当の原因って??

みなさんの中での『むくみ』の原因ってなんだとお思いでしょうか?昨日食べたラーメンのせい?!!!立ちっぱなしの仕事だ支障がないか・・・。一昨日買い物に出たから歩きすぎかな?などといろんな原因はあると思います。ただ、それらに共通しているのが骨格と姿勢の問題があります。姿勢が乱れ骨格が正しい位置にいないとどうなるでしょうか?実は体の中での血流が悪くなってしまうんですね!血流というのは川流れと一緒でまっすぐ滞りがない程、流れが良いのです。またグネグネ曲がりくねった川であればあるほど、流れのいい場所と悪い場所が出てきて悪い場所には流木や石ころが溜まってくると言われています。体の中で言うと、流れの悪い場所というのは姿勢が乱れ骨格が悪くなる腰周りです!腰周りが痛いもしくは問題が生じるとそれより下である脚の循環不全が起こります。ただでさえ下肢は重力の影響で血が溜まりやすくむくみやすいと言われています。さらに血流を悪くしないように腰と骨盤をしっかりとケアしてあげる事が重要です!!

手足のむくみは筋肉の固さが原因

手足のむくみの原因は筋肉の固さが原因だと考えられます。
もっと大元をたどるとなぜ筋肉が固くなったのかと、背景なども考えていく必要がありますが、
浮腫みを改善するには筋肉の治療をすることで改善していくでしょう。
浮腫みは筋。肉が固くなることで筋肉の中の血管が圧迫されてうっ血状態になります。
そうすると行き場の失った水分が筋肉の外の組織に排出されてむくみが生み出されるのです。
しかし筋肉が固いことで原因となっているのは症状がでている局所だけではありません。
たとえば脚のむくみを例に挙げると、脚は心臓から動脈を通って腹部、腰や腿などを通って血液を流しているので、
あしまでの通り道である腰や腿の筋肉の固さがあることで足の血液循環が悪くなり、むくみが起こります。
マッサージ店などで一度むくみを改善させても引き起こしやすいのは根本である足までの通り道を改善していないからでしょう。
また筋力の低下もむくみの原因になります。
一度足までに流した血液を静脈を使って心臓に戻すことで血流循環は成り立ちますが、末端から心臓までに血液を送り返すためには筋肉の働きが必要です。
筋肉は血液を送るためのいわばポンプのような働きをしているため、運動不足になっている方が浮腫みが強くなっているのはこちらも考える必要があります。
浮腫みを改善するためには筋肉をほぐすことと使う事です。当院ではそれらを総合して行っていますので是非ご相談ください!!

むくみの原因

むくみの原因の原因はなんだとおもいますか?むくみは起きているときに足が一番下に位置しているため、重力の影響で水分がしたに溜まっていき、夕方や夜に足がむくんできます。他にも塩分の摂り過ぎでむくむ原因になります。塩分の摂り過ぎで、不必要な水分を上手く排出できなくなります。それは塩が水分を保持する性質が有るからです。ですが夏の暑い時期は少し多めに塩分を取ることをおすすめします。冬など寒い季節は塩分を控えめにしましょう。他には、代謝の低下で起こる事がございます。汗は体温調節のためにでてきます。水分代謝機能であり、自律神経によってコントロールされていますエアコンの効いた温度変化のない環境に置かれると自律神経の働きが鈍くなってしまい、それによって水分代謝機能が低下し、むくみに繋がります。
ここで簡単に出来る対処法教えたいと思いますい。立ち仕事やデスクワークが多い方には足首曲げ伸ばしやつま先立ちをしてみるなど、ふくらはぎの筋肉動かすことによって筋肉がポンプのような働きをするので血液の循環がよくなります。入浴時にふくらはぎをマッサージするのも効果的です。

冷え症はむくみの原因に繋がる!?

冷え症は多くの中でも「末端冷え性」が多くの方を悩ませております。末端冷え性は寒いわけでもないのに足先だけ冷たい、足がむくみやすくなってしまうなどの症状があります。他のも、肌荒れや足が冷たくてなかなか寝付けないなどの症状が冷え性が原因で起こってしまいます。冷え性の原因は筋肉量の低下です。筋肉量が低下すると、熱を生産するエネルギーが同時に低下してしまい、冷え症の原因になってしまいます。それと血流悪いと冷え性の原因なってしまいます。特に女性の方はウエストのきつい服や足を締め付けるような靴を履くなどして血流を悪くしてしてしまう事があるので気を付けてください。
改善法としては適度な運動が効果的です。ここで冷え性の対策としてNGなことがあります。それは意外なことで足先が冷たいからと言って靴下の重ね履きです。靴下の重ね履きすると、足先は一時的に温まるが、大量に汗が出てしまいかえって逆効果です。それに重ね履きすることによって血管を圧迫してしまい、血流が悪くなってしまいます。もう一つは「熱いお風呂に入る」ことです。熱いお風呂は長時間は入れるこが出来ません。40度程度のぬるま湯調節して、20分以上浸かることをおすすめします。

むくみは身体のSOSサイン?

みなさんはむくみと聞くと脚のむくみや手のむくみ、顔のむくみなどを想像するかもしれません。
身体の末梢に位置する場所はむくみが出やすいです。しかし首や背中、腰なども実はむくみは発生します。
なぜむくみは発生するでしょうか?むくみは静脈やリンパの流れが悪くなることが原因で起きます。
病気などで静脈、リンパの流れが悪くなるとむくみが出やすいです。
ほかにもむくみには原因があります。筋肉が固くなると静脈などを圧迫するので循環が悪くなり血管の中の水分が漏れ出しむくみが生じます。
後は水分不足も実はむくみの原因になります。逆じゃないの?と思う方はいると思いますが身体が水分不足になるとむくみが生じます。
なぜならば身体が水分不足になると細胞などは水分が足りなくなります。そうなると水分を補給しなくてはいけなくなるので水分を血管から補給します。
だからそこでむくみが生じてきます。水分を多く取ることがむくみの解消にも繋がります。
むくみがあると身体が冷えてしまったり痛みが出てしまったりするので身体に様々な症状が出てきてしまいます。
だからむくみは解消していかないといけません。
当院では筋肉の治療を行ってむお悩みの方くみの改善ができます。
他にも様々な症状についての助言も行います。
お辛い症状でお悩みでしたら当院にご相談ください。

むくみの原因

むくみとは重力の影響で身体の水分が下の方に溜まっていき、夕方や夜に足がいつも以上に膨らんでくることをむくみと言われます。
他にも原因があり例えば塩分の摂り過ぎでむくみの原因になります。それは塩分の摂り過ぎで不必要な水分が外排出することが出来なくなることでむくみが出来てしまうのです。暑い夏の季節に塩分を取ることは熱中症対策になるため塩分はバランスよく取ることをおすすめします。
他には代謝の低下が原因でむくみやすくなることも原因のひとつです。汗は体温調節のために出てきます。また水分代機能であり、自律神経によってコントロールされえています。
夏にむくみやすいのはエアコンが原因です。エアコンの効いた部屋と外の温度変化によって自律神経の働きがみだれ、水分代謝機能が低下してむくみに繋がっています。
簡単にできる対処法はつま先立ちを繰り返すことによって筋肉がポンプの作用の役割を循環が良くなりむくみの予防になります。
むくみでお悩みの方は一度当院でご相談してみてはいかがでしょうか?

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0063 東京都杉並区和泉3ー5ー7西野ビル1F
駐車場コインパーキング有り
電話番号03-5355-3549
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜