MENU TEL

産後骨盤矯正

産後できるだけお早めに永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院の産後骨盤矯正を

出産後に起こる体調不良、身体の各部位の痛み、プロポーションの崩れなどはほとんどの場合、出産による骨盤へのダメージが影響しているのです。骨盤に開きやゆがみ、ズレがある状態が続くとこうしたつらい症状、お悩みが出てきてしまいます。永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院では、丁寧な産後骨盤矯正によって骨盤を正常なバランスに整えて根本からの改善を図ります。

早めの施術が効果的です

産後骨盤矯正は、出産を終えてからできるだけ早いタイミングで受けていただくことが理想的です。まだ骨盤が固定されずに動かしやすいときに永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院にて産後骨盤矯正を受けることで素早く効果があらわれやすいのです。まだつらい症状が出ていないという方も、今後の予防のために早めの施術開始をオススメいたします。

強い力は使いません

永福町、浜田山、方南町から近いナチュラル整骨院永福町院の産後骨盤矯正は、触る程度のソフトの力でおこないます。強い力で無理やり身体を押したり、骨をボキボキすることは御座いませんのでご安心ください。豊富な経験・知識を兼ね備えた専門家による産後骨盤矯正が受けられます。

骨盤底筋を鍛えましょう

骨盤底筋を鍛えることで身体にはいい事ばかり起こってきます。腹圧が上がり下っ腹の出っ張りはくぼみ,背筋が伸び姿勢改善にも繋がり自然に胸が張れることでバストアップにも繋がります

骨盤のゆがみ

特に産後の方、骨盤がゆがんでいるなと気になることありませんか?その骨盤のゆがみ、骨が原因ではなく筋肉が凝り固まってしまう事で骨まで影響が出てしまっている可能性があります。筋肉をほぐしてあげることでゆがみも良くなります。気になる方は当院までご相談を!!

マタニティ治療

当院はお子様と一緒にご来院が可能です。ベビーカーやベテランスタッフが抱っこしていたり遊んでお待ちいただけます。お母さま方は毎日が抱っこしたり重労働だと思います。少しでも症状を緩めていくことで身体がスッキリしたり、いたみがなくなります。現在もたくさんのお母さま方がご来院頂いております。

毎日の子育てや家事でお疲れのお母さんたちへ 子どもを抱っこしたり、洗濯、掃除などの家事は非常に身体に負担がかかります。毎日頑張っているお母さんたちにはお休みはありません。首肩腰など全身つらい症状があるかと思います。しかし子どもがいるからとなかなか治療に行けないとお悩みだと思います。当院はお子様とご一緒にご来院頂けます。辛い症状でお悩みでしたら当院にご相談ください。

悩めるお母さんたちへ

お子様がお腹の中にいる状態は身体に大きな負担が掛かります。腰痛や肩こりなどをはじめ様々な症状が出てきます。腰が痛いけど治療ってできるの?と思っている方もいると思います。答えは大丈夫です。当院では横向きで治療をすることが出来るので大きいお腹でも大丈夫です!!

産後の骨盤

赤ちゃんを産むために女性の骨盤は妊娠すると開いていきます。そして出産後に女性ホルモンの働きなどで元に戻るのですがこの時に腰回りの筋肉が悪くなっていると戻りが悪いことがあります。これは腰に自律神経があり腰の筋肉が悪くなると自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌が少なくなることもあるのです。しっかりと腰のケアをすることで骨盤は変わりますのでお悩みでしたらご相談ください。

産後で気になる骨盤の歪み

よく産後の骨盤の歪みで気になるのはいつ良くなるのかだと思います。骨盤の歪み特に横に広がってしまったものは出産後に女性ホルモンが出てきて元に戻るのですが、自律神経の乱れによって女性ホルモンの分泌不足で途中で止まってしまう事があります。例えば産後3か月も立てば横の広がりはほとんど戻らなくなってしまいます。しかし前後のずれや左右のずれは筋肉が原因で起きているのでこれは治療をすれば良くなります。治療を放置していると・・・。骨盤が広がったままの状態になってしまうのです。早めにこの治療ができるかどうかが勝負です。早めに当院までご相談いただければと思います。

骨盤のずれは腰痛の影響になります

産後の骨盤の歪み・ずれは多くの女性のお悩みの一つです。出産はものすごくエネルギーが掛かるものです。女性ホルモンにより赤ちゃんを産むための準備として骨盤が広がったりしますがそれとは別に出産時の力みにより全身の筋肉に負担が掛かります。その負担により筋肉に傷がついてしまい悪くなると筋肉はぎゅっと固まってしまい骨盤を引っ張てしまい、それによりずれが生じてしまいます。そもそも骨盤の「歪み」と「ずれ」は違います。ゆがみは左右の形状がそもそも変わってしまったり、横に広がってしまう事です。ズレとは上下や前後、左右に骨盤の位置がずれることです。ゆがみの場合は産後に女性ホルモンの働きなどで元に戻りますが、早めに対処しないと戻らなくなってしまいます。ズレの場合は筋肉が悪くなっていることにより起きるので筋肉の治療を行えばもとに戻ります。骨盤のずれは早めに治さないと腰痛の原因やO脚など脚のゆがみの原因になってしまいます。そのため早めに対処しなくてはいけません。また骨盤がずれているとおなか周りに脂肪がたまりやすくなりポッコリお腹になりやすいとも言われています。このように骨盤のずれは様々な症状の原因になってしまうので、お悩みでしたら当院にご相談ください。

骨盤矯正は根本から

骨盤のずれは女性なら気になる所だと思います。骨盤がずれているとポロポーションが崩れるのはもちろん、そのままの状態をほっとくと腰痛や姿勢の乱れに繋がります。また骨盤のずれから内臓が下に下がりお腹に脂肪がたまりやすくなったりもします。一般的な骨盤矯正のイメージは骨をボキボキと鳴らして行うものだと思いますが実はずれてしまった骨はそんな簡単には戻りません。一時的に良くなった感じはするかもしれませんが時間が経てば元通りになってしまいます。なぜならば骨盤のずれは基本的に筋肉が悪くなることにより起きてきますので。骨だけを元に戻しただけでは意味がありません。時間と共に筋肉に引っ張られてまたずれていきます。では根本的に良くするためにはどうしたらいいでしょうか?ずれの原因は筋肉が悪くなることですから、筋肉を治療する必要があります。しかし筋肉というものはすぐに良くなるものではありません。早くても悪くなるのにかかった時間の3分の1ぐらいの期間はかかると言われています。根本から良くするためにはこの時間は仕方がないものです。ただ間違いなく良くなります。これは骨盤矯正だけに限ったことではなく腰痛や肩こりなども確実に良くなります。お辛い症状でお悩みでしたら当院にご相談ください。

産後の骨盤のずれ・・・諦めていませんか?

産後の女性の悩み・・・それは骨盤のずれです。当院にご来院される産後の女性から良く聞かれるのは骨盤のずれが良くなるかどうかです。先に言うとずれは良くなります。しかし歪みというと産後、時間が経ってしまったものについてはなか難しいです。そもそも『ずれ』と『歪み』は違います。ずれは前後左右の高さの違いなどを指します。このずれの原因は筋肉なので筋肉の治療により改善します。しかし歪みは妊娠による女性ホルモンの働きにより骨そのものが変形してしまいそのままになってしまったものです。妊娠時には子どもを産む準備のために女性ホルモンの働きで骨盤が広がり、女性ホルモンの働きで元に戻ります。その戻る時期に対処しないと骨盤の広がりはなかなか改善しなくなります。さて今回はずれをどう改善するかですが、骨盤のずれは筋肉の治療により改善されます。筋肉は骨に付着します。そのおかげで関節を動かすことができるのですが、筋肉が傷つき悪くなると筋肉がぎゅっと固まり骨を引っ張ってしまいます。その状態が長い期間続くと骨盤のずれを引き起こします。出産時には大きな力が必要になるため骨盤周りの筋肉に非常に負担が掛かりそのまま悪くなってしまう事があります。産後は忙しいとは思いますが早期の治療で骨盤のずれをなくすことで将来起こりうる腰痛などを未然に防ぐことも必要かもしれませんね。

産後は骨盤を整えるチャンスです

産後は骨盤が崩れやすいと言われていますが、逆に骨盤を整えやすい時期でもあるのです。
出産をする際に女性は出産をしやすいように、「リラキシン」というホルモンが骨盤を緩ませ開きやすい作用が働きます。
産後は2~6カ月かけて骨盤を元に戻そうという動きが加わります。
その時の身体を使い方や負担のかけ方で骨盤が歪んでしまう方がほとんどでしょう。
しかし、逆を返せば「リラキシン」というホルモンが骨盤を緩ませているため、正常に戻そうと治療していけば以前よりも良い状態になることがあります。産後は「骨盤リフォーム」という言葉もあるようにむしろ調整する良いチャンスです。
骨盤は身体の土台になる所なので、歪んでしまうと腰痛や肩こり、膝痛に影響するのはもちろんですが、冷え性、消化不良、姿勢不良、生理不全、不妊症につながることがあります。2人目の出産を考えている方は特に治療はおすすめします。
骨盤を戻す2~6カ月を過ぎてしまうと骨盤の歪みは固まってしまい戻すのに時間が掛かります。
まさに「鉄は熱いうちに打て」というように早めの治療をおすすめします。
是非産後のタイミングに「骨盤リフォーム」を行っていきましょう!!

マタニティ治療を行っています

当院ではマタニティの方の腰痛、肩こり、自律神経障害の治療も行っています。
マタニティ時はホルモンバランスが崩れることで自律神経が乱れたり、骨盤が歪むことがあります。
産前は赤ちゃんを産むために女性ホルモンである”リラキシン”という骨盤を開いて赤ちゃんが出てきやすいような物質が分泌されます。
骨盤が開く事は正常の位置にないわけですからそこにつながる上半身や下半身のバランスも崩れ始めます。
つながる膝や股関節、肩なども症状が出てきます。
産後は骨盤を元に戻す作用が働き始めるため産後の過ごし方や癖によって骨盤が歪むことがあります。
産後は状態が固まり始めるため、そこをどうケアしていくかが今後の健康に繋がります。
骨盤のゆがみが何を引き起こすかというと、冷え性、不妊、生理不全、身体の痛み、ウエストが太くなる、などがあげられます。
歪んだ骨盤はその時の生活の中でかかった身体の負担によって起こりうる筋肉の傷が原因です。
それは筋肉のしこりになります。正式には筋硬結と言いますが、その筋硬結が筋肉の硬さや痛み、不快な症状に繋がるのです。
筋硬結の除去が骨盤の改善に繋がり、症状変化に繋がります。
産前産後の方でお悩みの症状ございましたらぜひご相談ください。

骨盤のズレって何?

産後骨盤がズレると良く聞くと思います。出産と共に広がった骨盤は3カ月程度の時間をかけて元の位置に戻ろうとします。その間にズレを感じやすくなります。ズレを感じると歩行が不安定になったり、痛みや違和感を感じます。
産後は育児に没頭するため、自分のことは後回しになりがちです。しかしながら、子供の成長と共に自分の身体も悲鳴をあげていきます。可能ならば、産後1か月を過ぎたら自分に使う時間を設けましょう。リフレッシュ時間を設けることで、身体も心も余裕が生まれ、育児が楽しくなっていきます。
骨盤のズレを防ぐためには産褥体操も大切ですし、骨盤周りの固まっている筋肉を緩ませることが大切です。
骨盤のズレと共に、肩こり・腰痛・冷え症など様々な症状が出てきます。それらを放置しておくと、ぎっくり腰や寝違えなど更なる筋肉の炎症が起こってきてしまいます。それらにより育児にも大きな影響が出てきてしまいます。筋肉の炎症が酷くなる前に、ぜひお立ち寄りください。
授乳のタイミングもあるし、子供を預けられないし、難しいな・・・と思うこともあるかもしれません。
色々対応は出来ると思いますので、まずはご相談ください。育児は長いものです。自分の身体を大切にケアしていきましょう。

リラキシンホルモンが分泌されている産後のタイミングが治療時!

産後は骨盤が歪みやすく腰の痛みだけでなく様々な不調な症状に繋がることが起こります。
骨盤は身体のバランスの中で重要な存在であり、逆にこれが崩れると骨盤周りはもちろんですが、身体の不調に繋がります。
それは腰痛、肩こり、膝痛、自律神経障害、痺れやむくみ、生理不全、不妊症などなどあげていけばきりがないですが、身体の中心が崩れると身体全体の不具合が生じる可能性が出てくるのです。
産前産後は赤ちゃんを出産のときに出てきやすいようリラキシンという骨盤を緩ませて開きやすいようなホルモンを分泌させることで出産しやすい状態になっています。そして産後直後から開いた骨盤を元に戻すように働き、骨盤が閉じていきます。その場合に筋肉が硬いと骨盤はゆがみやすいと言われています。
逆に産後早期に治療を始めていければ骨盤がゆがみきる前に整えることを行うことが出来るので、そこから生じる周りの不具合は起きづらくなっていきます。
だいたい骨盤が固まりきるのが3か月~6カ月といわれていますので、産後何か調子があるいことがありましたら、もしくは予防していきたいという方は是非当院にご相談頂ければと思います。

骨盤矯正は痛いの?

産後骨盤が安定しない。何だかガクガク動く感じがするとおっしゃられる方が多くいらっしゃいます。
骨盤がズレているからバキバキ矯正して整えなくては!思う方もいらっしゃると思います。
バキバキ整える事も良いのですが、骨盤の周りには多くの筋肉が存在しています。その筋肉たちが引っ張り合うことにより、骨盤の位置がずれてしまう事が、骨盤が安定していないと感じる原因です。骨自体のズレは数m程度で多くの原因は筋肉なのです。バキバキ骨の位置を整えたところで、周りの筋肉の緊張が強い場合、せっかく整えてもすぐに戻ってしまうのです!
私たちの考える骨盤矯正は、周りの筋肉のバランスを整える事により、骨盤の位置を安定させていきます。バキバキしないけど治るのかな・・・と思われる方もいらっしゃると思います。
妊娠により、お腹が大きくなることにより骨盤はどんどん前に傾いていきます。周りの筋肉もそれにより数カ月間常に引っ張られます。
その筋肉を整えていくので、元の状態に戻すにはやや時間がかかるかもしれません。しかし、整えていかないと様々な不調や体型の変化を残してしまう事になります。
産後6か月以内が勝負です!お早めにいらしてくださいね。

産後の骨盤矯正は妊娠時からの意識が大切

産後になり急にお身体の不調を訴えられる方が多いです。産後のお身体は出産によりボロボロになります。出産は手術を受けたのと同じ状態と言われるほどです。
術後は何週間か安静の期間が持てますが、産後はそうはいきません。産後すぐに育児が始まるため、ボロボロになったお身体を休める時間がないのです。
特に骨盤の歪みを訴えられる方が多いです。骨盤は出産時に大きく広がり、産後時間をかけて元の位置に戻ろうとしていきます!
ここで大切なのが、妊娠時から骨盤の位置や周りの筋肉の収縮をケアしていないと、正しい位置に戻りづらくなってしまうのです。
妊娠時は非妊娠時に比べ、体重が5~12Kg程度増加し、お腹が前方へと突き出していきます。それに伴い、骨盤も前傾に傾いていくのです。
骨盤が前傾に傾いていくと、腰が反ってしまうため、腰部の痛みが出やすくなったり、重心の移動が不安定となり、足首に痛みが出たりもします。
妊娠時から腰部の筋肉の緊張を少なくしておくことで、骨盤の傾きを少しでも減少させていくことが出来ます!
妊娠時のお身体は不安定ですので、治療は安定期になってからがおすすめです。妊娠中期から後期にかけてお腹も出てきますので、それくらいの時期からお身体を整え、産後の負担を軽減していきましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒168-0063 東京都杉並区和泉3ー5ー7西野ビル1F
駐車場コインパーキング有り
電話番号03-5355-3549
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(※予約優先制)
休診日木曜午後